社員5万人、平均5%賃上げ=内勤職は28年ぶりベア―第一生命

経済・ビジネス

第一生命保険が2023年度、社員約5万人を対象に基本給を底上げするベースアップ(ベア)を行い、平均で5%の賃上げを実施する方針を固めたことが25日、分かった。

内勤職(約1万人)へのベアは1995年以来28年ぶり。定期昇給も併せて実施する。足元の物価上昇を踏まえたもので、労働組合との協議を経て正式に決定する。

営業職の約4万人に対しては、すでに昨年7月から入社後5年間の給与水準を引き上げているが、今回6年目以降の職員の給与制度も変更する予定。月給ベースで平均1万円程度増額する。

第一生命保険日比谷本店=東京都千代田区第一生命保険日比谷本店=東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース