森元首相「ロシア敗北考えられず」=ウクライナ支援を疑問視

政治・外交

森喜朗元首相は25日、ロシアによるウクライナ侵攻について「ロシアが負けることはまず考えられない。そういう事態になればもっと大変なことが起きる」との認識を示した。日ロ関係に関しては「せっかく積み立ててここまで来ているのに、こんなにウクライナに力を入れていいのか」と述べ、岸田政権の対ロ外交とウクライナ支援の在り方に疑問を呈した。

東京都内で開かれた日印協会の会合で語った。森氏は首相在任中から北方領土問題に取り組み、ロシアのプーチン大統領との良好な関係で知られる。ただ、国際社会が対ロ制裁やウクライナ支援で連携する中、今回の発言は物議を醸しそうだ。

日印協会の会合であいさつする森喜朗元首相=25日午後、東京都港区日印協会の会合であいさつする森喜朗元首相=25日午後、東京都港区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース