水族館併設の新球場=東京郊外に―読売新聞・巨人軍

経済・ビジネス

読売新聞東京本社、読売巨人軍などは25日、東京都稲城市に計画している「東京ジャイアンツタウン」に水族館を併設した野球場を建設すると発表した。飲食店なども誘致し、地域のにぎわいを演出する。

グループ会社が運営する遊園地「よみうりランド」に隣接する地域に建設する。球場のオープンは2025年3月、水族館なども合わせたグランドオープンは26年度中の予定。球場は人工芝で、巨人軍の練習に活用するほか、社会人野球などの試合に貸し出す。水族館は地下1階、地上3階建てで、海の中を歩いている気分を味わえる大型水槽などを設置する。

読売新聞東京本社などが東京都稲城市に計画する「東京ジャイアンツタウン」のイメージ(同社提供)読売新聞東京本社などが東京都稲城市に計画する「東京ジャイアンツタウン」のイメージ(同社提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース