ガーシー氏「除名」、懲罰委で可決=参院本会議で15日決定

政治・外交

参院懲罰委員会は14日午前、政治家女子48党のガーシー(本名・東谷義和)参院議員について、議員資格を失う「除名」とする懲罰案を採決し、全会一致で可決した。参院が先に科した「議場での陳謝」の懲罰を拒否したためで、15日の本会議で正式決定する。

除名は4段階ある懲罰のうち最も重く、正式に決まれば衆参両院を通じて72年ぶり3例目。

政治家女子48党のガーシー参院議員を「除名」とする懲罰案を全会一致で可決した参院懲罰委員会。右奥は鈴木宗男委員長=14日午前、国会内政治家女子48党のガーシー参院議員を「除名」とする懲罰案を全会一致で可決した参院懲罰委員会。右奥は鈴木宗男委員長=14日午前、国会内

ガーシー参議院議員(旧NHK党提供)ガーシー参議院議員(旧NHK党提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース