政府・日銀「強い警戒心で注視」=金融システムの監視強化―海外信用不安で会合

経済・ビジネス

財務省と金融庁、日銀は17日、国際金融資本市場に関する情報交換会合(3者会合)を財務省内で開いた。米シリコンバレー銀行の経営破綻やスイス金融大手クレディ・スイスの経営問題などを受けて金融市場が不安定な動きとなっており、政府・日銀は連携して金融システムへの影響について監視を強めることを確認。財務省の神田真人財務官は会合後、記者団に対し「各国当局とも連携しつつ、日本経済への影響について強い警戒心をもって注視する」と強調した。

国際金融資本市場に関する情報交換会合に臨む財務省、金融庁、日銀の幹部ら=17日午後、財務省国際金融資本市場に関する情報交換会合に臨む財務省、金融庁、日銀の幹部ら=17日午後、財務省

記者の質問に答える神田真人財務官=17日午後、財務省記者の質問に答える神田真人財務官=17日午後、財務省

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース