丸亀製麺、2商品の販売中止=カエル混入受け

経済・ビジネス

うどんチェーンを運営する丸亀製麺(東京)は25日、一部商品にカエルが混入していた事案を受け、生野菜のサラダミックスを使用する「ピリ辛担々サラダうどん」と「ごまだれサラダうどん」の販売を当面中止すると発表した。同社は「品質管理を徹底し、再販に向けた検討を重ねる」とのコメントを出した。

同社では、21日に諫早店(長崎県諫早市)で販売した「ピリ辛担々サラダうどん」にカエルが混入する事案が発生。23~25日に一部商品の販売を停止するとともに、野菜を扱う取引先の工場の立ち入り検査を実施していた。

「丸亀製麺」の看板(資料)「丸亀製麺」の看板(資料)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース