秋篠宮さま「親善に寄与できれば」=ベトナム訪問前に会見

社会 皇室

秋篠宮ご夫妻は15日、20日からのベトナム公式訪問を前に、赤坂御用地(東京都港区)内の赤坂東邸で記者会見された。今年は日本との外交関係樹立50周年に当たり、秋篠宮さまは「両国の友好親善関係の促進に何か寄与できることがあればうれしい」と述べ、紀子さまは「心を尽くして両国の親善に努めてまいりたい」と抱負を語った。

ご夫妻での同国訪問は1999年以来24年ぶり。秋篠宮さまは、当時の首都ハノイを「非常に活気のある街。急速に発展している時期」と振り返った。外国を直接訪れる意義について「実際に会うのと、画面を通して会うのとでは違いがあるように思います」との考えを示した。今後の国際親善について、30年後には「もうこの世代はリタイアしている」と述べ、次女佳子さまや長男悠仁さまを念頭に「若い世代の人たちが担っていくことが大切」と語った。

ベトナムなど東南アジア諸国との関係について、秋篠宮さまは「非常に大切。特に文化面での交流が大事になってくる」と言及。自身が研究するニワトリの野生原種がいることや、メコン川に巨大ナマズが生息していることを挙げ、「その地域にそれらがいるのが魅力の一つ」と述べた。

会見は14日に予定されていたが、悠仁さまの新型コロナウイルス感染で1日延期された。

ベトナム訪問を前に、記者会見に臨まれる秋篠宮ご夫妻=15日午前、東京・元赤坂の赤坂東邸(代表撮影)ベトナム訪問を前に、記者会見に臨まれる秋篠宮ご夫妻=15日午前、東京・元赤坂の赤坂東邸(代表撮影)

ベトナム訪問を前に、記者会見に臨まれる秋篠宮さま=15日午前、東京・元赤坂の赤坂東邸(代表撮影)ベトナム訪問を前に、記者会見に臨まれる秋篠宮さま=15日午前、東京・元赤坂の赤坂東邸(代表撮影)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース