国内初、人への移植用ブタ=遺伝子改変、臨床研究へ―明治大発ベンチャー

社会 暮らし

明治大発のベンチャー「ポル・メド・テック」(川崎市)は13日、人間に移植するための臓器を持つブタの誕生に国内で初めて成功したと発表した。動物の臓器を人に移植する「異種移植」で懸念される拒絶反応が起きないように遺伝子を改変している。同社は今後、臨床研究のために国内の医療機関へブタを供給する予定という。

同社は昨年9月、米バイオ企業イージェネシスが開発した異種移植用ブタの細胞を輸入していた。同細胞は免疫による拒絶反応が起きにくくするために10種類の遺伝子を改変しているが、ポル・メド・テックはこの細胞を使い、今月11日にクローンブタ3頭を誕生させた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース