トヨタ、営業益5兆円=日本企業で初、HV好調―円安も追い風・24年3月期

経済・ビジネス

トヨタ自動車が8日発表した2024年3月期連結決算(国際会計基準)は、本業のもうけを示す営業利益が96.4%増の5兆3529億円と、日本企業で初めて5兆円を超えた。北米や欧州を中心にハイブリッド車(HV)の販売が好調だったほか、年度を通じて為替レートが円安基調で推移したことも追い風となった。

純利益は約2倍の4兆9449億円と、22年3月期の2兆8501億円を大きく上回って過去最高を更新。ソフトバンクグループが21年3月期に記録した日本企業の過去最高益4兆9879億円に迫った。売上高に当たる営業収益も21.4%増の45兆953億円と過去最高だった。

佐藤恒治社長は記者会見で「これまで積み上げてきた事業基盤が実を結んだ」と、好業績となったことを総括。その上で、ダイハツ工業などグループ企業で相次いだ認証不正を踏まえて「不正に正面から取り組み、足場を固めることが最優先だ」と述べ、25年3月期は仕入れ先や販売店も含めた人材育成などの「人への投資」に3800億円を投じると明らかにした。

ダイハツ、日野自動車を含むグループ全体の世界販売台数は5.0%増の1109万台。ダイハツによる認証不正や中国の販売競争激化などを背景に、年度当初の計画(1138万台)を下回った。宮崎洋一副社長は中国での価格競争が「日に日に厳しくなっている」と危機感を表明し、電気自動車(EV)などの開発を急ぐ考えを示した。

同時に発表した25年3月期の連結業績予想は、営業利益が19.7%減の4兆3000億円、純利益が27.8%減の3兆5700億円、営業収益が2.0%増の46兆円と増収減益を見込んだ。

決算記者会見で発言するトヨタ自動車の佐藤恒治社長=8日午後、東京都中央区決算記者会見で発言するトヨタ自動車の佐藤恒治社長=8日午後、東京都中央区

決算記者会見で発言するトヨタ自動車の佐藤恒治社長(中央)=8日午後、東京都中央区決算記者会見で発言するトヨタ自動車の佐藤恒治社長(中央)=8日午後、東京都中央区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース