「順風」日韓、影差す歴史問題=佐渡金山、徴用工が懸念材料―尹大統領就任2年

政治・外交

韓国の尹錫悦大統領の就任から2年。1965年の国交正常化後最悪と言われた日韓関係は、日本重視の尹大統領の下で大きく改善した。しかし、歴史問題の火種は消えていない。今夏には韓国国内で反発が強い「佐渡島(さど)の金山」(新潟県)の世界文化遺産への登録手続きが大詰めを迎える見通しで、関係変調の恐れは否定できない。

林芳正官房長官は9日の記者会見で、日韓関係について「岸田文雄首相と尹大統領のリーダーシップの下、対話と協力がさまざまな分野で質、量ともに力強く拡大している」と語った。

2年前、日韓関係の最大の足かせだったのは元徴用工問題だ。これに対し、尹政権は2023年3月、日本企業の賠償金を韓国の財団が肩代わりする解決策を発表。以後、軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の正常化、通貨スワップ(交換)協定の再締結など、関係改善が劇的に進んだ。

両首脳が相互に往来する「シャトル外交」も再開され、首脳会談は昨年だけで7回に上った。首相は日中韓3カ国首脳会談のため、今月下旬にソウルを訪問し、尹大統領と会談したい考えだ。

もっとも、懸念材料がないわけではない。韓国では2月、元徴用工訴訟で敗訴した日立造船の供託金が原告側に渡り、日韓請求権協定に違反する事態となった。日本政府は特殊なケースとして事を荒立てない構えだが、自民党保守派からは「大使召還も辞さない」と反発が上がる。

佐渡金山を巡っては、世界遺産登録の可否を判断する国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会が7月下旬にインドで開かれる。日本は今夏の登録に全力を挙げる方針だが、韓国は「朝鮮半島出身者の強制労働の現場だ」として申請の撤回などを求めてきた経緯がある。

韓国の尹徳敏駐日大使は4月、新潟県で花角英世知事と面会し、佐渡金山について「痛ましい歴史がある」と改めてクギを刺した。岸田政権は展示の在り方などを工夫し、尹政権と妥協点を探りたい考えだが、折り合えなければ日韓関係が悪化に転じる可能性もある。政府高官は「尹大統領と一緒に乗り越えていくしかない」と語った。

握手する岸田文雄首相(左)と韓国の尹錫悦大統領=2023年11月16日、米西部サンフランシスコ(EPA時事)握手する岸田文雄首相(左)と韓国の尹錫悦大統領=2023年11月16日、米西部サンフランシスコ(EPA時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース