清水建設、初の営業赤字=資材価格高騰で―24年3月期

経済・ビジネス

清水建設が13日発表した2024年3月期連結決算は、本業のもうけを示す営業損益が246億円の赤字だった。赤字転落は1961年の上場以来初めて。国内の複数の大型工事で資材価格などが想定を上回ったほか、工期順守に向けた追加コストも生じ、利益を押し下げた。

純利益は65.0%減の171億円と、大幅減少ながら黒字を確保。政策保有株の売却などが寄与した。売上高は3.7%増の2兆55億円だった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース