首都高で7台事故、3人死亡=トラックの運転手逮捕―警視庁

社会

埼玉県戸田市笹目の首都高速池袋線下りで14日朝、トラック4台と乗用車3台の計7台が絡む追突事故があった。少なくとも乗用車3台が炎上し3人が死亡、2人がけがをして病院に搬送された。警視庁は過失運転致死容疑で、追突したトラックを運転していた会社員降籏紗京容疑者(28)=相模原市緑区下九沢=を現行犯逮捕。容疑を認め、「ぶつかったとき意識がなかった」と供述しているという。

同庁交通捜査課は、死亡した人の身元確認を急ぐとともに、詳しい事故原因を調べている。

同課によると、事故は14日午前7時35分ごろ発生した。降籏容疑者が運転するトラックが渋滞の列に追突。いずれも乗用車に乗っていた3人が死亡し、降籏容疑者とは別の2台のトラックに乗っていた2人がけがをした。

現場は片側3車線の直線道路で、美女木ジャンクションへ入ろうとする車が左車線で渋滞をしていたという。

首都高によると、事故の影響で、池袋線下りは高島平インターチェンジ―美女木ジャンクション間が通行止めとなった。

警視庁本部=東京都千代田区警視庁本部=東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース