眼鏡型カメラで入試問題撮影容疑=SNS流出、早大受験生を書類送検へ―警視庁

早稲田大(東京都新宿区)が2月に実施した一般入試で、試験問題を眼鏡型の「スマートグラス」で撮影し、SNS上に流出させたとして、警視庁戸塚署は15日、偽計業務妨害容疑で、都内の男子受験生(18)を16日にも書類送検する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。

捜査関係者によると、男子受験生は2月16日、同大創造理工学部の化学などの試験で、カメラと通信機能があるスマートグラスで試験問題を撮影。X(旧ツイッター)に不特定の人物が閲覧できるように流出させ、公正な入試業務を妨げた疑いが持たれている。

男子受験生はXで、複数人が閲覧できるように試験問題の画像を送信し、解答を求めていた。解答後に不正に気付いた1人が、同大に情報提供し、流出が発覚した。

投稿画像の解析などから男子受験生の関与が浮上。同21日に別学部を受験したこの受験生の眼鏡に小型カメラが付いているのを同大職員が確認し、警視庁に通報した。

警視庁本部=東京都千代田区警視庁本部=東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース