元北海道教育大教授に懲役6年=スパイ容疑で拘束―中国

国際・海外

【北京時事】中国に一時帰国した際にスパイ容疑で拘束され、起訴されていた元北海道教育大教授の袁克勤氏に、懲役6年の実刑判決が言い渡されていたことが15日、関係者への取材で分かった。袁氏の支援団体は、冤罪(えんざい)だとして早期釈放を求めている。

関係者によれば、袁氏は今年1月、吉林省長春市の裁判所から判決を言い渡された。判決を不服として、既に上訴したという。

袁氏は2019年5月、一時帰国中に同市で消息を絶ち、「長期間、日本の情報機関の要求に従いスパイ活動を行っていた」として起訴された。中国外務省の汪文斌副報道局長は14日の記者会見で、拘束から5年となることについて問われたが、「中国は法治国家であり、法に基づき関連案件を審理する」と述べるにとどめた。

北京の人民大会堂の屋上に翻る中国国旗(AFP時事)北京の人民大会堂の屋上に翻る中国国旗(AFP時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース