キオクシア、過去最大の赤字=2437億円、メモリー価格下落―24年3月期

経済・ビジネス

半導体大手キオクシアホールディングス(旧東芝メモリ)が15日発表した2024年3月期連結決算は、純損益が2437億円の赤字(前期は1381億円の赤字)となった。赤字は2期連続で、赤字幅は過去最大。スマートフォンやパソコンなどに使われる半導体フラッシュメモリーの価格が下落、販売数量も伸び悩んだ。

同社は半導体開発や設備投資に必要な資金の調達に向け、早ければ年内の上場を目指している。業績の回復とともに、浮き沈みの激しいメモリー市場で成長戦略が描けるかが問われている。

売上収益は前期比16.0%減の1兆766億円。本業のもうけを示す営業損益は2527億円の赤字(同990億円の赤字)だった。

半導体大手キオクシアホールディングスのロゴマーク半導体大手キオクシアホールディングスのロゴマーク

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース