ホンダ、中国で人員削減=販売不振で生産調整も

経済・ビジネス

【北京時事】ホンダは15日、今月上旬から中国で希望退職を募っていることを明らかにした。削減人数は非公表だが、関係者によると1000人を超える規模。中国では政府の支援策を追い風に電気自動車(EV)が急速に普及しており、ガソリン車を強みとする日系メーカーは販売不振が鮮明になっている。ホンダは多くの工場で生産調整も行っているもようだ。

希望退職を募集しているのは、国有自動車大手・広州汽車集団との合弁会社「広汽ホンダ」の生産部門の正社員。同社は昨年11月、派遣社員約900人も削減済みだ。ホンダは「状況に合わせて(事業規模の)適正化を進めている」(広報)と説明した。

ホンダのロゴマークホンダのロゴマーク

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース