新迎撃弾、推進装置を担当=防衛省、共同開発で米と合意

政治・外交

防衛省は15日、極超音速兵器を迎撃するGPI(滑空段階迎撃用誘導弾)の米国との共同開発に関し、担当部位などを定める合意文書に署名したと発表した。日本は弾頭部の「キルビークル」と呼ばれる迎撃体の推進装置と、ミサイル本体の推進装置となるロケットモーターを担当する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース