窃盗未遂容疑でベトナム人男逮捕=山あい民家強盗への関与捜査―栃木県警

社会

福島、栃木、群馬、長野各県の山あいの民家で相次ぐ緊縛強盗事件を巡り、栃木県警は15日、同県日光市の事件被害者名義のキャッシュカードを使って現金を引き出そうとしたとして、窃盗未遂容疑で、ベトナム人の住所不詳、自称内装工ホアン・フー・ホア容疑者(25)を逮捕した。容疑を否認しているという。

また、同容疑者と一緒にいたベトナム人の住所不定、無職マイ・ヴァン・シー容疑者(23)も出入国管理法違反(不法残留)容疑で逮捕した。栃木県警は、群馬、長野両県警と合同捜査班を設置。一連の強盗事件への関与についても調べる方針。

ホアン容疑者の逮捕容疑は4月30日午前5時ごろ、栃木県佐野市のコンビニのATMで、日光市の男性名義のキャッシュカードを使って現金を引き出そうとした疑い。男性は同日午前0時ごろ、自宅で外国人とみられる男2人からネクタイで手足を縛られ、現金やキャッシュカードなどを奪われていた。

その後、長野、群馬両県でも同様の強盗被害があり、今月14日には、福島県南会津町藤生の民家に男数人が押し入り、1人暮らしの60代女性から現金を奪った。女性は粘着テープで手首などを縛られた。男らは「カネ、カネ」など片言の日本語を話していたという。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース