原子力、平和利用を訴え=オッペンハイマー博士の孫が会見

国際・海外

「原爆の父」と呼ばれた米科学者ロバート・オッペンハイマー博士の孫、チャールズ・オッペンハイマー氏が3日、原子力について「兵器ではなくエネルギーとして議論を」と平和利用を訴えた。来日中の同氏は広島市訪問を終え、東京都内の日本記者クラブで記者会見した。

同氏は「原爆だけでなく、あらゆる爆弾は使われるべきではない」と強調。米国、中国、ロシアといった超大国間の緊張が高まっている現状に触れ、「今こそ国際的な連帯を訴えた祖父や、被爆者たちのアドバイスから学ぶべき時だ」と指摘した。

日本記者クラブで記者会見するチャールズ・オッペンハイマー氏=3日、東京都千代田区日本記者クラブで記者会見するチャールズ・オッペンハイマー氏=3日、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース