両陛下、22日から英国へ=晩さん会、オックスフォードへも

社会 皇室

天皇、皇后両陛下が22~29日の日程で英国を公式訪問されることが4日の閣議で決定した。バッキンガム宮殿での晩さん会などの公式行事に臨むほか、両陛下が留学したオックスフォード大も訪れる。

宮内庁によると、両陛下は22日午前に羽田空港を出発し、現地時間の同日午後にロンドンに到着。23~24日は天皇陛下が、テムズ川に設置された高潮防止施設などを視察する。

25日には両陛下で歓迎式典に臨み、バッキンガム宮殿でのチャールズ国王主催の昼食会に出席。続いてウェストミンスター寺院にある無名戦士の墓に供花する。夜には国王夫妻主催の晩さん会に臨み、国王と陛下がスピーチする。

26日にはシティー・オブ・ロンドン市長が主催する晩さん会に天皇陛下が出席。27日は午前中、両陛下で国王夫妻に別れのあいさつをした後、子ども博物館を訪れる。天皇陛下は午後、ウィンザー城を訪れ、エリザベス女王とフィリップ殿下の墓に供花する。

28日に両陛下でオックスフォードを訪れた後、同日夜にカータートンの空軍基地を出発。29日に帰国する。

皇室と英王室は約150年間にわたって交流を続けている。両陛下は当初、2020年に訪英予定だったがコロナ禍で延期された。22年には両陛下でエリザベス女王の国葬に参列している。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース