今年度2回目の放出終了=東電福島第1原発の処理水

社会

東京電力は4日、福島第1原発にたまる放射性物質トリチウムを含む処理水の今年度2回目の海洋放出を終了したと発表した。年度内に7回、計約5万4600トンを放出する予定で、早ければ月内にも3回目を始める。

2回目は5月17日から開始。約7800トンの処理水を海水で薄め、海底トンネルを通じて約1キロ沖合に流した。

東電や国などは昨年8月の放出開始以降、海水や水産物のトリチウム濃度測定を行っているが、国の基準値を大幅に下回っている。

東京電力福島第1原発=3月10日、福島県東京電力福島第1原発=3月10日、福島県

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース