靖国落書きで「懸念」伝達=外務省、中国政府に

政治・外交

上川陽子外相は4日の記者会見で、中国籍の男性の関与が疑われている靖国神社の落書き事件を巡り犯行の様子が中国のSNSで出回っていることを受け、外交ルートを通じて中国政府に懸念を表明したと明らかにした。

上川氏は「関係法令に反すると思われる行為だ。是認、助長するような動画が拡散されることは受け入れられない」と強調。中国への申し入れについて「現地法令を順守し、冷静な行動を取ることを中国国民に注意喚起するよう要請した」と説明した。

靖国神社の境内=2023年10月、東京都千代田区靖国神社の境内=2023年10月、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース