ソフトバンクがデータ拠点=シャープ堺工場に、25年稼働

経済・ビジネス 技術・デジタル

シャープは7日、液晶事業を縮小するため9月末までに生産を停止する堺工場(堺市)の一部売却に向け、ソフトバンクと独占交渉権を含む基本合意書を結んだと発表した。ソフトバンクは、土地・建物の一部を譲り受け、生成AI(人工知能)の開発などに活用する大規模なデータセンターを構築する計画で、2024年秋の着工、25年中の本格稼働を目指す。

堺工場の跡地活用を巡り、シャープは先にKDDIなどともAIデータセンター設立に向けた協議を始めることで合意している。ソフトバンクとは別の敷地を提案して協議を続けていくという。

シャープ本社=堺市シャープ本社=堺市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース