日中フェリー「鑑真号」就航=3代目、上海と阪神つなぎ39年

国際・海外

【上海時事】中国・上海市と大阪・神戸を結ぶ定期フェリーとして新たに造船された「鑑真号」が8日、就航し、大阪に向けて上海を出港した。1985年運航開始の初代「鑑真号」、94年に投入された「新鑑真号」に続く3代目となる。

初代の鑑真号は80年代に日中間の人的往来や物流の需要が高まったことを受け、創業。唐の時代に仏教を広めるため苦難の末に来日した僧侶、鑑真から命名された。2代目に引き継がれ、39年にわたり日中の人的往来に貢献してきた。

8日、中国・上海市で就航した日中フェリー「鑑真号」8日、中国・上海市で就航した日中フェリー「鑑真号」

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース