沖縄米兵事件に「遺憾」=同盟に影響せず―米国防総省

国際・海外

【ワシントン時事】米国防総省のライダー報道官は2日の記者会見で、沖縄県内で起きた米兵による性的暴行事件について、「事件の深刻さに心を痛めており、このような事態を招いたことを遺憾に思う」と述べた。同時に「これらの事件は(日米)同盟には全く影響を及ぼさない」とも強調した。

米国防総省のライダー報道官=2023年10月(AFP時事)米国防総省のライダー報道官=2023年10月(AFP時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース