運航会社と桂田社長を提訴=遺族ら29人、15億円賠償請求―知床観光船事故・札幌地裁

社会

北海道・知床半島沖で死者・行方不明者26人を出した観光船「KAZU I(カズワン)」沈没事故で、乗客14人の遺族ら29人が3日、カズワンの運航会社「知床遊覧船」(斜里町)と桂田精一社長(61)を相手取り、約14億9900万円の損害賠償を求める訴訟を札幌地裁に起こした。

事故は2022年4月23日午後に発生した。乗客と船長ら計20人の死亡が確認され、乗客6人が行方不明のままとなっている。

原告は訴状で、桂田社長の責任について、船首付近のハッチのふたが適切に閉鎖できない状態で、気象庁から出航を中止すべき基準を超えた風速や波高の予報が出ていたにもかかわらず、死亡した豊田徳幸船長=当時(54)=と出航を決め事故を発生させたと主張。安全確保の基本的な注意義務に著しく違反していた船長を「指揮監督できる唯一の者だった」などと指摘した。

観光船「KAZU I(カズワン)」の運航会社「知床遊覧船」と桂田精一社長を提訴後、記者会見する弁護団=3日午後、札幌市観光船「KAZU I(カズワン)」の運航会社「知床遊覧船」と桂田精一社長を提訴後、記者会見する弁護団=3日午後、札幌市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース