大谷、メジャー通算500打点=日本選手3人目

スポーツ

【ロサンゼルス時事】米大リーグ、ドジャースの大谷翔平選手(29)は2日、本拠地ロサンゼルスで行われたダイヤモンドバックス戦の七回に27号2点本塁打を放ち、メジャー通算501打点とした。日本選手の500打点達成は、ヤンキースなどで活躍した松井秀喜(760打点)、マリナーズなどでプレーしたイチロー(780打点)に続き3人目。

今季64打点はナ・リーグ3位で、27本塁打、打率3割2分はともにリーグ1位。初打点はエンゼルス在籍時の2018年4月3日のインディアンス(現ガーディアンズ)戦で、7年目で区切りの数字に到達した。

5シーズン在籍したプロ野球日本ハムでは通算166打点を挙げた。

ダイヤモンドバックス戦の7回、27号2ランを放ち、ダイヤモンドを回るドジャースの大谷=2日、ロサンゼルスダイヤモンドバックス戦の7回、27号2ランを放ち、ダイヤモンドを回るドジャースの大谷=2日、ロサンゼルス

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース