豪雨犠牲者ら追悼=氾濫の球磨川で住民ら―熊本

社会

災害関連死を含め67人が死亡、2人が行方不明となった2020年の熊本豪雨発生から4年を迎えた4日、被害が大きかった熊本県球磨村と人吉市では、地元住民らが氾濫した球磨川に花を流すなどして、犠牲者の冥福を祈った。

25人が亡くなった球磨村では、午前8時半、球磨川沿いにあったJR球泉洞駅(解体)前に設けられた祭壇の前で、球磨川ラフティング協会のメンバーら11人が黙とうをささげた。代表理事の渕田拓巳さん(47)は「自分の意思で避難ができるよう、水害の恐ろしさを伝えていきたい」と語った。

治水対策のかさ上げ工事が進む同村の神瀬地区では、村内外の災害公営住宅などに移住した人や住民が集まり、球磨川支流の川内川に花を流した。上原洋子さん(61)は「今でも雨が続くと不安になる。安全な避難先を整備してほしい」と話した。

災害関連死を含め21人が犠牲となった人吉市でも、川下り船運航業者の従業員ら11人が球磨川に花を流し、冥福を祈った。船頭の藤山和彦さん(44)は「立ち止まらず、これからまた頑張らないといけない」と力を込めた。

球磨川沿いの祭壇に向かい手を合わせる渕田拓巳さん(手前)ら=4日午前、熊本県球磨村球磨川沿いの祭壇に向かい手を合わせる渕田拓巳さん(手前)ら=4日午前、熊本県球磨村

4年前の熊本豪雨で氾濫した球磨川に向かい、黙とうする球磨川ラフティング協会のメンバーら=4日午前、熊本県球磨村4年前の熊本豪雨で氾濫した球磨川に向かい、黙とうする球磨川ラフティング協会のメンバーら=4日午前、熊本県球磨村

4年前の熊本豪雨で氾濫した球磨川に向かい、花を手に黙とうする川下り船運航業者の従業員ら=4日午前、熊本県人吉市4年前の熊本豪雨で氾濫した球磨川に向かい、花を手に黙とうする川下り船運航業者の従業員ら=4日午前、熊本県人吉市

熊本豪雨発生から4年を迎え、球磨川支流の川内川に花を流し手を合わせる人たち=4日午後、熊本県球磨村熊本豪雨発生から4年を迎え、球磨川支流の川内川に花を流し手を合わせる人たち=4日午後、熊本県球磨村

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース