再発防止へ「全力で取り組む」=沖縄米兵事件で遺憾表明―米国務省高官

国際・海外

【ワシントン時事】クリテンブリンク米国務次官補(東アジア・太平洋担当)は3日、時事通信とのインタビューで、沖縄県での在沖縄米兵による性的暴行事件について、「遺憾であり、このようなことが二度と起こらないよう全力で取り組む」と表明した。

クリテンブリンク氏は事件に関し、「米国は非常に深刻に受け止めている」と強調。「米兵は最高の行動規範を守ることが期待されている。今回疑われているような犯罪は、われわれの基本的価値に反する」と述べ、米国でも容認されるものではないと批判した。

3日、米国務省でインタビューに応じるクリテンブリンク国務次官補3日、米国務省でインタビューに応じるクリテンブリンク国務次官補

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース