アフガン麻薬対策に15億円=政府、国連機関に資金協力

政治・外交

上川陽子外相は4日、国連薬物犯罪事務所(UNODC)のワーリー事務局長と外務省で会談した。アフガニスタンでの麻薬対策を支援するため、UNODCに約15億円の無償資金協力を実施することで合意した。同国への人道支援が目的。

アフガンはかつてアヘンやヘロインといった麻薬の世界最大の供給地として知られ、原料となるケシの栽培が盛んに行われている。資金は小麦などの代替作物の生産促進などに利用される。

国連薬物犯罪事務所(UNODC)のワーリー事務局長(左)と会談する上川陽子外相=4日午後、外務省国連薬物犯罪事務所(UNODC)のワーリー事務局長(左)と会談する上川陽子外相=4日午後、外務省

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース