認知症の行方不明者、過去最多=1万9039人、11年連続更新―警察庁

社会 暮らし

昨年1年間に全国の警察に届け出があった認知症の行方不明者は延べ人数で、前年比330人増の1万9039人だったことが4日、警察庁のまとめで分かった。統計を取り始めた2012年から11年連続で過去最多を更新した。

警察庁によると、男性が1万597人、女性が8442人だった。都道府県別では、兵庫県が2094人で最も多く、大阪府が2016人、埼玉県が1912人で続いた。

昨年中に所在が確認された認知症の不明者1万8221人のうち、約74%は行方不明届が受理された当日に発見されていた。自治体が貸与するなどした全地球測位システム(GPS)機器がきっかけで所在確認につながった人は、昨年7~12月で71人だった。

警察庁=東京都千代田区警察庁=東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース