米海兵隊員を逮捕=女性の胸触った疑い―沖縄県警

社会

那覇市内のテナントビルで20代の女性の胸を触ったとして、沖縄県警那覇署は4日、県迷惑行為防止条例違反の疑いで、米海兵隊牧港補給地区(キャンプ・キンザー、沖縄県浦添市)所属の1等兵ショーン・パトリック・セイボル容疑者(22)を現行犯逮捕した。調べに対し、容疑を否認している。

逮捕容疑は、4日午前8時半ごろ、那覇市内の飲食店が入るテナントビルの階段で、20代の女性の胸を、服の上から手で触った疑い。面識はないという。

同署によると、女性が110番し、駆け付けた警察官が現場にいた同容疑者を現行犯逮捕した。同容疑者は事件前、酒を飲んでいた。

沖縄県では米軍人による女性への性的暴行事件が相次いで明らかになり、反発が広がっている。

沖縄県警本部=那覇市沖縄県警本部=那覇市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース