最優秀賞に兵庫の地酒=国際品評会の日本酒部門

旅と暮らし 国際・海外

【ロンドン時事】世界最大規模のワイン品評会、インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)の審査結果が9日、ロンドンで発表され、サケ(日本酒)部門の最優秀賞「チャンピオン・サケ」に都美人酒造(兵庫県南あわじ市)の純米吟醸酒「都美人 太陽」が選ばれた。兵庫県からの選出は初めて。

同酒は「マスクメロンやアーモンドの味わい、口の中で絶妙に調和した酸味に加え、アニスとホワイトアスパラガスの香り」を楽しめると評価された。都美人酒造の杜氏(とうじ)の家修さん(69)は「これを機に全世界に広がればうれしい」と喜んだ。

家さんは石川県能登町の出身。昨年10月から同酒造の杜氏として酒造りに携わった。今年1月の能登地震の際は酒蔵を離れられず、酒造りにいそしみながら家族と連絡を取り合う日々だったという。「いろんなことがつながった受賞だ」と振り返り、「能登杜氏の励みになれば」と涙ぐんだ。

このほか、出品酒全てで高評価を得た蔵元を表彰する「サケ・ブリュワー・オブ・ザ・イヤー」に宮城県の新沢醸造店を選出。手頃で高品質の日本酒に与える「グレート・バリュー・チャンピオン・サケ」には、千葉県の鍋店の銘柄が選ばれた。

「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)」で最優秀賞に輝いた「都美人 太陽」を持つ杜氏(とうじ)の家修さん=9日、ロンドン「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)」で最優秀賞に輝いた「都美人 太陽」を持つ杜氏(とうじ)の家修さん=9日、ロンドン

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース