ハワイの空港で日本人逮捕=所持品に手りゅう弾、一時避難騒ぎ

国際・海外

【シリコンバレー時事】米ハワイ州の警察当局は9日、ヒロ国際空港で手りゅう弾2個を機内に持ち込もうとした第1級テロ脅迫容疑で、金沢市の日本人の男、フクシマ・アキト容疑者(41)を逮捕したと発表した。不発弾であることが確認されたが、空港ターミナルにいた人々が一時避難する事態になった。

警察当局が動機などを調べている。

発表によると、現地時間9日午前5時44分(日本時間10日午前0時44分)、運輸保安局職員から警察にX線検査中の手荷物から手りゅう弾のようなもの2個が見つかったと通報があった。警察がターミナルにいた人々を避難させ、爆発物処理班が不発弾と確認した。空港は午前6時50分に業務を再開した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース