米兵暴行「満身の怒り」=全会一致で抗議決議―沖縄県議会

社会

沖縄県議会は10日の本会議で、県内で相次ぎ発生した米兵による性的暴行事件を受け、米軍などへの抗議決議を全会一致で可決した。決議は「人間としての尊厳をじゅうりんする極めて悪質な犯罪だ。満身の怒りをもって抗議する」と表明。日本政府に対し、県などへの迅速な通報を求める意見書も可決した。近く県議団が上京し、外務省などに直接要請する。

決議では、繰り返される米兵の犯罪に「組織の人権意識に問題があると言わざるを得ない」と厳しく批判。決議と意見書には、日米地位協定の抜本的改定も盛り込んだ。

相次ぐ米兵の性犯罪を巡り、抗議決議と意見書を可決した沖縄県議会本会議=10日午前、那覇市相次ぐ米兵の性犯罪を巡り、抗議決議と意見書を可決した沖縄県議会本会議=10日午前、那覇市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース