ロ朝軍事協力踏まえ連携強化=岸田首相、韓国大統領と会談

政治・外交

【ワシントン時事】岸田文雄首相は10日午後(日本時間11日午前)、米ワシントンを訪問し、韓国の尹錫悦大統領と約35分間会談した。北朝鮮とロシアによる「包括的戦略パートナーシップ条約」締結など日韓両国を取り巻く安全保障情勢が複雑化していることを踏まえ、米国を含めた3カ国の連携を強化していくことで一致した。

首相は「国際情勢を踏まえれば、日韓首脳が堅固な信頼関係、戦略的な問題意識を共有する中で緊密に連携を図ることは大変意義深い」と指摘。「先般のロ朝首脳会談の結果は、地域の安全保障に与える影響の観点から深刻に憂慮すべきものだ」との考えを伝えた。

大統領は「ロシアと北朝鮮が軍事的・経済的密着を加速する動きは、東アジア、グローバルな安全保障環境に深刻な懸念を引き起こしている。韓日米3カ国の連携が大事だ」と強調した。

岸田文雄首相(写真左)と韓国の尹錫悦大統領(AFP時事)岸田文雄首相(写真左)と韓国の尹錫悦大統領(AFP時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース