SNS

最新記事

ニュース

More

時代を彩る人物や、日本にゆかりのある外国人が、多様なテーマで縦横無尽に語ります

中国の“シンデレラ”が日本で歌手デビュー:龍夢柔(ロン・モンロウ)さん

中国の人気オーディション番組でグランプリに輝いた湖南省出身のモデル、龍夢柔(ロン・モンロウ)さん(23)が6月20日、「14億分の1のシンデレラ」をキャッチフレーズに日中両国で歌手デビューした。少数民族のトウチャ族に生まれ、わずか160世帯しかない山村で育った。歌と踊りを練習しながら東京で生活する龍さんは「日本は小さい時からのあこがれ」「日本の若者にいまの中国を理解してもらいたい」と語る。
more

KIDSLINE代表・経沢香保子:革新的ベビーシッターサービスで働く母親支援網を構築

20代で起業、30代での3度の出産を経て、40代で2度目の起業を果たした経沢香保子氏。誰もが必要に応じて安心して利用できるベビーシッターサービス「KIDSLINE」を運営する。その起業の背景とサービスの仕組み、今後の展望について話を聞いた。
more

モデルの「内面」を引き出す造形:ローマ法王3人の胸像を制作した彫刻家、奥村信之

日本人として初めて、ローマ法王庁(バチカン)関係者から促されて、3代にわたり法王のブロンズ像を制作した奥村信之。ローマ郊外にある奥村のアトリエで、彫刻家としてのこれまでの歩みを聞いた。
more

森林浴の効果を科学する:千葉大学の宮崎良文教授

森林浴によるリラックス効果、健康効果が世界で注目されている。森林浴を専門に研究し、そのセラピーが人間にもたらす科学的エビデンスを解説した著書『Shinrin-yoku: The Japanese Way of Forest Bathing for Health and Relaxation』(日本における森林浴:健康とリラックスのために)を英語で出版した宮崎良文・千葉大学教授に話を聞いた。
more

16代佐野藤右衛門:数々の名庭園を手がけた伝説の庭師

佐野藤右衛門は、仁和寺の桜をはじめ、全国の名桜を守る「桜守」として知られる。寺院の庭や分譲地内の公園、個人住宅の庭などを手がける植藤造園の16代当主だ。ユネスコ本部日本庭園など話題性が高い庭園を手がけてきた佐野に、造園を通して見た日本社会について聞いた。
more

田中達也:ミニチュア作品の内に広がる豊かな地球

日用品や食品など身近な物を別の物に見立てた作品をSNSで発信するミニチュア写真家・田中達也氏。固定観念にとらわれない自由な発想と独特の世界観で、新たな分野を築き上げた彼に、作品が生まれるまでのストーリーや今後の展望を聞いた。
more

真鍋大度:テクノロジー×アートの遙かなる行方

ドローンやAR(拡張現実)などの最先端技術を駆使した表現で、世界的注目を集めるライゾマティクスリサーチ。代表の真鍋大度が放つ非凡なる創造性はどこを目指すのか。リオ五輪の“あの眺め”を糸口に、その行方を追う。
more

石澤良昭:アンコール遺跡の保存に人生を捧げて

カンボジアのアンコール遺跡研究の第一人者である石澤良昭氏が、2017年アジアのノーベル賞と呼ばれるマグサイサイ賞を受賞した。半世紀以上にわたり遺跡修復に尽力し、カンボジア人が文化遺産に対する誇りを取り戻すことに寄与したことが受賞理由だ。どのような思いで、同遺跡に向き合ってきたのかを聞いた。
more

ワインと日本酒の伝道師として活躍する物理学博士:杉山明日香

理論物理学の博士号を持つソムリエール杉山明日香さんは、行動の人だ。ワインと日本酒にぞっこん惚れ込んだ彼女は、その魅力を伝えるべくパリと東京を2週間ごとに行き来する日々を送っている。グローバルに活躍する杉山さんに仕事哲学を聞いた。
more

刀匠 宮入法廣:現代の刀剣マエストロ

究極のクールジャパンといえる「日本刀」。武士がいなくなった現代においても、刀作りの伝統は脈々と受け継がれている。刀匠・宮入法廣(みやいり・のりひろ)氏の仕事場を訪れ、日本の美術工芸品の極みと言える日本刀の魅力について聞いた。
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • ニッポンドットコム・メディア塾 —ジャーナリストを志す皆さんに
  • シンポジウム報告