SNS

最新記事

ニュース

More

ホーム > 人気のキーワード
スマートフォン
楽天、第4の携帯会社へ=電波の利用申請、19年開始

楽天は26日、総務省が新たに割り当てる携帯電話用の電波の利用を申請したことを明らかにした。NTTドコモなどに続く「第4の携帯会社」を目指す。認可されれば2019年末にサービスを始める。楽天の参入で携帯各社の顧客争奪戦は一層激しくなりそうだ。 今回割り当てられるのは、第4世代(4G)移動通信システム用の周波数帯。26日夕が申請の期限だった。割当先は3月末にも決定する。 総務省の審査では、…
more

楽天は大手3社の「協調的寡占」を崩せるのか? 「第4の携帯事業者」誕生へのカギ町田 徹

格安スマホ会社と呼ばれるMVNO(仮想移動体通信会社)から、MNO(移動体通信事業者)へ―。三木谷浩史社長のもくろみ通り、楽天は「第4の移動体通信会社」に昇格して大手3社の「協調的寡占」を崩す起爆剤になるのか。平たんな道とは言えない新規参入の課題を探ってみた。
more

日本語ゲーム、中国で大ヒット=「旅かえる」3500万ダウンロード

【北京時事】無料でダウンロードできる日本の携帯端末ゲーム「旅かえる」が、日本語版のみにもかかわらず中国で大ヒットしている。イラスト中心で、カエルの世話をするだけの簡単な内容が言葉の壁を越えた。 日本の携帯端末ゲーム「旅かえる」の画面。背景はブームを伝える中国紙=17日、中国・北京(時事) インターネットで昨年配信され、中国では今年に入り「旅行青蛙」の名で急速に人気が出た。1月中旬から…
more

東京五輪へ「5G」商用化の金メダル目指す! 暮らしを変える、NTTドコモの戦略とは?町田 徹

2020年の東京五輪を前に、世界中で「5G」(第5世代移動通信)のサービス開始一番乗りを争う“競技”が始まった。“金メダル”を目指しているのが、国内携帯最大手のNTTドコモだ。5Gはライフスタイルを変える可能性を秘めている。
more

[ニュース]陸自教本、ネットで出品=50冊以上、同一人物か−訓練以外で使用禁止

陸上自衛隊の隊員向けの教本が、ネットオークションに多数出品されていることが22日、陸自への取材で分かった。同一アカウントから50冊以上が出品され、陸自が調査している。内部から流出した可能性もある。 出品されたのは、「教範」や「参考資料」と呼ばれる教本で、機関銃の取り扱い方や戦車部隊での通信方法を記したものなどがある。教範は、安全保障上の「秘密」には指定されていないが、防衛省の訓令は教育訓練以…
more

楽天、第4の携帯会社=来月にも電波取得申請−19年開始、6000億円投資

楽天は14日、携帯電話向けに新たに割り当てられる電波の取得を2018年1月にも総務省に申請すると発表した。認可されれば、19年中にサービスを始め、1500万件以上の契約獲得を目指す。最大6000億円を投じ、自前で基地局など通信設備を整備する。NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクに続く「第4の携帯会社」が誕生する。 携帯電話業界では後発のソフトバンクが携帯料金の値下げをこれまで先導して…
more

スマホ特化で成功したメルカリの可能性と課題西田 宗千佳

企業価値の評価額が10億ドルを上回る非上場の新興企業を「ユニコーン」と呼ぶ。個人間の物品売買を仲介するメルカリ(東京都港区)は、アプリのダウンロート数が7500万に達し,日本初のユニコーンとなった。「自分で価格を決め、自分がものを売った」というフリーマーケット感覚を楽しめるため、“メルカリ中毒”になる人も多い。メルカリは日本の流通を大きく変えていくのだろうか?
more

スマホと子ども② —「JKビジネス」の裏側石川 結貴

スマートフォンを「入り口」として気軽に男性接待のバイトに応募する女子高生たち。「簡単にお金が稼げる優しい仕事」につられた少女たちを巧妙に操るビジネスの実態とは。
more

スマホと子ども① —「つながり」に飲み込まれる子どもたち石川 結貴

自分の「居場所」、存在価値をスマートフォン経由の「つながり」に求める子どもたちが増えている。スマホの普及は子どもたちの世界をいかに変えたのか。
more

「Suica」対応のiPhone 7:ソニーの「FeliCa」を世界に羽ばたかせるか石川 温

新しいiPhone 7は、電子マネー「Suica」などが用いる非接触IC規格「FeliCa」に対応した。日本市場を重視するアップルとJR東日本の連携の結果だが、ソニーが主導する同規格の世界展開に向けた第一歩になり得る。
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • ニッポンドットコム・メディア塾 —ジャーナリストを志す皆さんに
  • シンポジウム報告