ホーム > 人気のキーワード
ロシア
[ニュース]領土交渉に期限設けず=クラスノヤルスク方式を否定−ロシア高官

【モスクワ時事】ロシアのウシャコフ大統領補佐官(外交担当)は13日、日ロ首脳会談を前に、北方領土問題を含む平和条約交渉に期限を設けない立場を示した。タス通信などの記者団に「(日ロ)双方に受け入れ可能な解決を見いだすのにあらかじめ期限を区切ることは適切でないと考える」と述べた。 プーチン大統領は15日に訪日し、安倍晋三首相は首脳会談で北方領土問題の前進を模索する。補佐官の発言は、過去に「200…
more

逆らわずして勝つ—ラフカディオ・ハーンと柔道真田 久

嘉納治五郎との交流をきっかけに柔道を世界に紹介したラフカディオ・ハーンは、敵の力を利用するこの武道に魅了された。大陸文化を受け入れてきた日本人のしなやかさが、柔道を生んだと筆者は指摘する。
more

[ニュース]北方領土交渉「着実に前進を」=経済協力合意を確認−日ロ首脳

【リマ時事】安倍晋三首相は19日夕(日本時間20日朝)、ペルーの首都リマのホテルでロシアのプーチン大統領と70分間会談し、山口県長門市で12月15日に予定する首脳会談へ詰めの協議を行った。会談後、首相は北方領土問題を含む平和条約締結交渉について「解決に向けて道筋が見えてはきているが、そう簡単ではない。着実に一歩一歩前進していきたい」と記者団に語った。 会談の前半35分間は、ロシア経済分野協力…
more

北方領土に本気で取り組み—安倍首相佐藤 優

安倍首相は、日露首脳会談の直前にロシア経済分野協力担当相を新設し、ロシアとの経済協力を深化させることで、北方領土問題の政治決断に向けた環境を整えようとしている。北方領土交渉について何が話し合われたかについては厳重に秘匿されているが、ロシア問題の専門家である筆者は、今後の交渉おいて1956年の日ソ共同宣言の存在に注目し、12月の首脳会談で、北方領土問題の突破口が開かれる可能性があると見ている。
more

露日協約100周年ワシーリー・モロジャコフ

ロシア語で「100年」という言葉は魔法のような力をもっている。「100歳まで生きたい」というのは、「永遠の生命を得たい」というのと同じことのように受け止められている。日本とは違い、ロシアでは100歳まで生きることができる人はごくわずかであることも、その一因であるのかもしれない。 100周年というのは最も重みのある節目ではないだろうか。人は、出来事そのものがそんなに重要ではなくても、ちょう…
more

日本のおばあさんとロシアの猫「スシ」アレクサンドル・メシェリャコフ

私の知り合いに、日本人の老婆がいる。一人娘がいてロシア人に嫁いだが、不治の病にかかり異国の地で亡くなってしまった。娘はモスクワに埋葬され、おばあさんは定期的にロシアを訪れるようになった。彼女とは知人を介して知り合ったが、モスクワの私の家にも何度も遊びに来たことがあり、ウチの猫とも大の仲良しだ。 おばあさんは、いまどき滅多にみかけないような大変な猫好きである。しかしある時、彼女は、私にこんなこ…
more

キエフ紀行—「遠い国」ウクライナで高まる日本への関心千野 境子

首都キエフで一番頻繁にお目にかかるウクライナ人、それはウクライナの国民的詩人にして画家タラス・シェフチェンコ(1814~61)だ。何しろ通貨グリブナ札の肖像画になっているし、名前を冠した博物館や記念館、通り、大学、そして銅像などが至る所にある。私もキエフを去る頃には少しいかめしい表情のシェフチェンコがすっかり身近な存在になってしまった。 シェフチェンコのことをもっとも上手く簡潔に表現した…
more

ソチ会談で動き出す日露関係 —領土と経済の「抱き合わせ販売」—佐藤 優

ロシアの黒海に臨む保養地ソチで5月6日、安倍・プーチン会談が行われた。この日露首脳会談には、アメリカのオバマ大統領が「G7の結束を乱す」として強い難色を示していただけに、国際社会からも高い関心が注がれていた。ロシア情勢の分析で高い評価を得ている佐藤優氏に、ニッポンドットコムのために緊急の分析を寄せていただいた。日本語とともにロシア語でも記事を掲載する。
more

私は信じるアレクサンドル・メシェリャコフ

日本列島は、世界でも有数の地震多発帯の上に位置している。日本史を紐解くと、地震に関する記録が数多く残っている。しかし、日本の古典文学には地震に関する記述はごく僅かしか登場しない。何故か? 主な理由は2つある。 地震は、都市に壊滅的な影響を与える。そのため、地震の犠牲となるのは、主に都市の住民であり、その多くは火事による焼死や倒壊家屋や瓦礫の下敷きになっての圧死である。しかし、このような状…
more

11回目の安保理非常任理事国—試される日本のリーダーシップヴィターリー・ポルトニコフ

2016年は日本外交にとって特別の年となると言われている。2016~2017年の2年間、日本は国連安保理非常任理事国を務めることになる。日本政府は、国連の最重要機関である安保理で、主要な課題に対する意思決定がいかにして行われているかを、注視していくと表明している。日本の非常任理事国再選出と、日本が議長国を務める先進7か国首脳会議(2016年5月26~27日 伊勢志摩サミット)が同時期に重なった…
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告