SNS

最新記事

ニュース

More

ホーム > 人気のキーワード
ロシア
[ニュース]日ロ経済協力、過去最大規模=官民80件で3000億円-政治主導で進出加速

日本とロシアは16日、安倍晋三首相とプーチン大統領の首脳会談を踏まえ、エネルギーや医療・保健、極東開発など8項目の経済・民生協力プランに基づき、官民で80件の合意文書を交わした。政府間で12件、民間レベルでは当初想定のほぼ倍の68件の広範な経済協力で合意した。日本側の投融資は3000億円規模。過去最大規模の対ロシア経済協力となる。政治主導で日本企業のロシア進出が加速する見通しだ。 安倍首相は…
more

[ニュース]北方四島で共同経済活動=日ロの法的立場害さず-安倍首相、プーチン氏と合意

安倍晋三首相は16日午後、ロシアのプーチン大統領と首相官邸で2日目の会談を行った。焦点の北方領土問題を含む平和条約締結に向け、日ロ双方の法的立場を害さない形で、北方四島での共同経済活動に関する協議を始めることで合意した。4島の帰属問題では実質的な進展はなかったとみられる。活動の制度設計は今後の協議に委ねられるが、実現した場合でも、領土問題解決につながるかは不透明だ。会談では、経済・民生分野の協力強…
more

[ニュース]経済協力3000億円規模=日ロが民間対話−両国首脳、全体会合に出席

日本とロシアの経済団体は16日、経済協力で意見交換する「日ロビジネス対話」を東京都内で開いた。日ロ経済界の会合は、2012年11月以来4年ぶり。5月の首脳会談で安倍晋三首相が提案した8項目の経済・民生協力プランについて分科会で意見交換した。日本側の協力案件は60件超で総額3000億円規模に上る見通しとなった。午後の全体会合には安倍首相とプーチン大統領が出席する。 ビジネス対話には、日本から経…
more

「大統領と同じ秋田犬を」=プーチン氏と登場で人気−ロシア

【モスクワ時事】15、16両日の日ロ首脳会談に合わせ、2012年に日本からプーチン大統領に贈られた愛犬の秋田犬に注目が集まっている。大衆紙コムソモリスカヤ・プラウダによると、「大統領と同じ犬を」と人気が急上昇しているという。 きっかけは、13日に公表された日本メディアのインタビューで、カメラの前に愛くるしい「ユメ」(雌、4歳)を連れてきたこと。プーチン氏が餌付けする様子は、インターネットを通…
more

[ニュース]領土交渉に期限設けず=クラスノヤルスク方式を否定−ロシア高官

【モスクワ時事】ロシアのウシャコフ大統領補佐官(外交担当)は13日、日ロ首脳会談を前に、北方領土問題を含む平和条約交渉に期限を設けない立場を示した。タス通信などの記者団に「(日ロ)双方に受け入れ可能な解決を見いだすのにあらかじめ期限を区切ることは適切でないと考える」と述べた。 プーチン大統領は15日に訪日し、安倍晋三首相は首脳会談で北方領土問題の前進を模索する。補佐官の発言は、過去に「200…
more

逆らわずして勝つ—ラフカディオ・ハーンと柔道真田 久

嘉納治五郎との交流をきっかけに柔道を世界に紹介したラフカディオ・ハーンは、敵の力を利用するこの武道に魅了された。大陸文化を受け入れてきた日本人のしなやかさが、柔道を生んだと筆者は指摘する。
more

[ニュース]北方領土交渉「着実に前進を」=経済協力合意を確認−日ロ首脳

【リマ時事】安倍晋三首相は19日夕(日本時間20日朝)、ペルーの首都リマのホテルでロシアのプーチン大統領と70分間会談し、山口県長門市で12月15日に予定する首脳会談へ詰めの協議を行った。会談後、首相は北方領土問題を含む平和条約締結交渉について「解決に向けて道筋が見えてはきているが、そう簡単ではない。着実に一歩一歩前進していきたい」と記者団に語った。 会談の前半35分間は、ロシア経済分野協力…
more

北方領土に本気で取り組み—安倍首相佐藤 優

安倍首相は、日露首脳会談の直前にロシア経済分野協力担当相を新設し、ロシアとの経済協力を深化させることで、北方領土問題の政治決断に向けた環境を整えようとしている。北方領土交渉について何が話し合われたかについては厳重に秘匿されているが、ロシア問題の専門家である筆者は、今後の交渉おいて1956年の日ソ共同宣言の存在に注目し、12月の首脳会談で、北方領土問題の突破口が開かれる可能性があると見ている。
more

露日協約100周年ワシーリー・モロジャコフ

ロシア語で「100年」という言葉は魔法のような力をもっている。「100歳まで生きたい」というのは、「永遠の生命を得たい」というのと同じことのように受け止められている。日本とは違い、ロシアでは100歳まで生きることができる人はごくわずかであることも、その一因であるのかもしれない。 100周年というのは最も重みのある節目ではないだろうか。人は、出来事そのものがそんなに重要ではなくても、ちょう…
more

日本のおばあさんとロシアの猫「スシ」アレクサンドル・メシェリャコフ

私の知り合いに、日本人の老婆がいる。一人娘がいてロシア人に嫁いだが、不治の病にかかり異国の地で亡くなってしまった。娘はモスクワに埋葬され、おばあさんは定期的にロシアを訪れるようになった。彼女とは知人を介して知り合ったが、モスクワの私の家にも何度も遊びに来たことがあり、ウチの猫とも大の仲良しだ。 おばあさんは、いまどき滅多にみかけないような大変な猫好きである。しかしある時、彼女は、私にこんなこ…
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • ニッポンドットコム・メディア塾 —ジャーナリストを志す皆さんに
  • シンポジウム報告