ホーム > 人気のキーワード
京都
[ニュース]宿泊税条例が成立=200~1000円徴収へ-京都市

京都市内の宿泊客に課税する宿泊税条例が2日、市議会本会議で賛成多数で可決、成立した。総務省の同意を得て、2018年10月からの課税を目指す。税収は年間約46億円の見込みで、観光客の増加に伴う渋滞対策や景観政策などに充てる。宿泊税導入は東京都と大阪府に次いで3番目。 税額は、1人1泊の宿泊料金が2万円未満の場合は200円、2万円以上5万円未満は500円、5万円以上は1000円の3段階。修学旅行…
more

なぜか心落ち着く嵐山の風景漆嶋 稔

京都を訪れてどこか安堵する中国人旅行者が多いという。それは、京都が長安を模した平安京の面影を現代にとどめているからかもしれない。日中の古都の光景を比較しながら、なぜ嵐山が中国人に人気なのかを考える。
more

[ニュース]「マハラジャ」祇園に復活=バブル世代や観光客狙う-京都

1980年代のバブル経済期に人気を呼んだディスコ「マハラジャ」が今月、京都・祇園(京都市東山区)に復活した。バブル世代とともに、観光名所が集中する祇園の地の利を生かして外国人観光客を狙う。 マハラジャは1980~90年代に全国に約60店舗展開し、お立ち台が一世を風靡(ふうび)した。祇園店はその集客力から「東洋一のディスコ」とも呼ばれ、チェーン店の中でも旗艦店だった。しかし、バブル崩壊もあり閉…
more

平安神宮で1300人がヨガ(Japan in Photos)

大鳥居をバックに、みんなでヨガのポーズ。京都・平安神宮で18日、約1300人が集まってヨガを体験する催しが行われた。国連が定めた21日の「国際ヨガの日」を前に、関西のヨガ愛好家らでつくる実行委員会と在大阪・神戸インド総領事館が協力して企画。参加者たちは腕を頭上にぴんと伸ばしたり、目を閉じて深い呼吸を繰り返したりするなどヨガの魅力を味わった。ヨガ歴8年という京都市在住の高島美佐さんは「多くの…
more

[ニュース]祇園祭、ネットで資金集め=「参加したい」思い形に-京都

京都・祇園祭の運営資金を募る「クラウドファンディング」が好調だ。祭りを運営する祇園祭山鉾(やまほこ)連合会が、見物客の事故防止のための警備費などに充てる目的で募集を開始。12日までの4日間で目標を大幅に上回る1000万円以上が集まった。 京都の夏の風物詩、祇園祭の山鉾(やまほこ)巡行=2016年7月17日、京都市下京区(時事) 連合会によると、山鉾巡行期間中の警備費や事故に備えた保険…
more

[ニュース]踊りやお点前、花街文化気軽に=「舞妓シアター」人気-京都

京都市東山区に2016年末にオープンした「舞妓(まいこ)シアター」が、外国人観光客らに人気だ。舞台と観客席が近い小規模な会場で、舞妓の踊りや飲食を楽しめる。 舞妓(coco/PIXTA) 京都の舞妓というとハードルが高い印象があるが、舞妓シアターは定額制で誰でも入れる。実家がお茶屋兼置屋を営むシアター代表の久々智子さん(42)は、「花街の文化の魅力を知ってもらい、舞妓さんに気軽に会え…
more

[ニュース]定家が見たオーロラ裏付け=13世紀の京都、観測可能-極地研など

13世紀初めに京都で目撃され、鎌倉時代の歌人藤原定家(1162~1241年)が日記「明月記」に書き残した赤いオーロラは、太陽活動が活発化し、巨大な磁気嵐が連続して起きたため生じたことが分かった。樹木の年輪に残された痕跡や、中国の歴史書などとの照合で裏付けられた。国立極地研究所と国文学研究資料館の共同研究チームが発表した。 太陽表面の大規模な爆発(太陽フレア)が起きると、高エネルギー粒子が地球…
more

[ニュース]花街に風情取り戻せ=先斗町を「無電柱化」−京都市

京都を代表する花街の先斗町(京都市中京区)で、電柱をなくす取り組みが進んでいる。景観向上のため同市が今月から地中化工事を始め、2019年度末の完了を目指す。計17本の電柱を撤去し、街の上空を覆う電線を一掃する。 電柱・電線が目立つ現在の京都・先斗町=2017年1月30日、京都市中京区(時事) 対象は、飲食店やお茶屋、舞妓(まいこ)らが踊りを披露する歌舞練場が軒を連ねる全長490メート…
more

[ニュース]「第二の京都」10カ所指定へ=3年間で景観を重点整備-国交省

国土交通省は、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて、地方の観光地の景観を重点的に整備する方針だ。東京、大阪など都市部に集中する外国人観光客を地方に呼び込むのが狙い。全国10カ所をモデル地区に指定し、17年度から3年かけて街並みを刷新。「第二の京都」と呼ばれるような観光地へ発展させていきたい考えだ。 22日に閣議決定した17年度政府予算案に、関連経費として25億円を計上した。 モデ…
more

京都に新観光スポット:「漢字ミュージアム」オープン

日本で初めての「漢字ミュージアム」が2016年6月29日、京都市にオープンした。体験型の展示を前面に出し、漢字の歴史を楽しく学べる施設だ。
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告