ホーム > 人気のキーワード
企業
楽天は大手3社の「協調的寡占」を崩せるのか? 「第4の携帯事業者」誕生へのカギ町田 徹

格安スマホ会社と呼ばれるMVNO(仮想移動体通信会社)から、MNO(移動体通信事業者)へ―。三木谷浩史社長のもくろみ通り、楽天は「第4の移動体通信会社」に昇格して大手3社の「協調的寡占」を崩す起爆剤になるのか。平たんな道とは言えない新規参入の課題を探ってみた。
more

[ニュース]米ゼロックスを買収=株式過半6710億円で取得−事務機で世界最大・富士フイルム

富士フイルムホールディングス(HD)は31日、米事務機器大手ゼロックスを買収することで合意したと発表した。富士フイルムHDは2018年9月末までに、子会社の富士ゼロックスを米ゼロックスと経営統合させ、新会社の株式の50.1%を取得する。買収額は6710億円。単純合算で売上高が3.3兆円という世界最大規模の事務機器メーカーが誕生する。 複写機を取り巻く環境は厳しく、富士フイルムHDは買収でゼロ…
more

東京五輪へ「5G」商用化の金メダル目指す! 暮らしを変える、NTTドコモの戦略とは?町田 徹

2020年の東京五輪を前に、世界中で「5G」(第5世代移動通信)のサービス開始一番乗りを争う“競技”が始まった。“金メダル”を目指しているのが、国内携帯最大手のNTTドコモだ。5Gはライフスタイルを変える可能性を秘めている。
more

[ニュース]債務超過解消、上場維持=米WH資産譲渡で合意−東芝

東芝は18日、経営破綻した米原発会社ウェスチングハウス(WH)の関連資産の譲渡契約を米投資家グループと結んだと発表した。今月末までにWHの債権譲渡を完了する予定で、売却益や税負担の軽減で資本が4100億円改善する。昨年実施した6000億円の資本増強と合わせ、2018年3月末で7500億円を見込む債務超過を解消できることになった。 東芝は米原発事業の巨額損失により、17年3月末で負債が資本を上…
more

[ニュース]17年は過去最多に=日本企業のM&A−レコフ

2017年に日本企業が絡んだ企業の合併・買収(M&A)は、前年比15.0%増の3050件と06年(2775件)を上回り、11年ぶりに過去最多を更新した。M&A助言会社レコフ(東京)が4日発表した。 人工知能(AI)をはじめ新技術の取得を狙ったベンチャー投資などが活発化した。中小型の案件が多かったことから、投資総額は13兆3437億円と21.0%減少した。 国内企業に対する大型M&Aでは…
more

[ニュース]18年度成長率、実質1.8%=内需主導、輸出も好調−政府見通し

政府は19日の閣議で、2018年度の国内総生産(GDP)が、物価変動の影響を除いた実質で前年度比1.8%増加するとの経済見通しを了解した。設備投資や個人消費が伸びるなど内需主導で成長し、堅調な海外経済を背景に輸出も好調を持続すると見込んでいる。 今年7月時点の見通し(1.4%増)から上方修正した。物価の伸びが弱いことなどを理由に、物価動向を反映した18年度の名目GDPは2.5%増と7月の見通…
more

[ニュース]東芝、WDと和解=半導体売却、訴訟取り下げ

東芝は13日、半導体子会社「東芝メモリ」の売却で対立する提携先の米ウエスタンデジタル(WD)と和解したと発表した。WDは国際仲裁裁判所に申し立てた東芝メモリ売却差し止めを取り下げ、共同運営する四日市工場(三重県)の最新製造棟への投資に参加する。これで東芝メモリ売却が白紙化する恐れがなくなり、米原発事業の巨額損失で傷んだ財務基盤の強化へ大きく前進する。 東芝の成毛康雄副社長は「訴訟の懸念がなく…
more

[ニュース]シャープ、東証1部復帰=1年4カ月ぶり、経営改善

東証は7日、シャープ株式の上場先を市場2部から1部に変更した。2016年8月の2部降格後、約1年4カ月でのスピード復帰となった。シャープは、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下でコスト削減など経営改善を進め、再建にめどを付けた。1部復帰で信用力を得て、今後は成長路線への転換を急ぐ。 シャープは16年3月期連結決算で債務超過に陥り、東証ルールにより2部へ降格した。その後、鴻海傘下で債務超過を解…
more

[ニュース]東レもデータ改ざん=経団連会長会社で発覚-昨年7月把握、当初は非公表

東レは28日、子会社の「東レハイブリッドコード」(愛知県西尾市)がタイヤ素材などの品質データを改ざんしていたと発表した。2016年7月に不正を把握しながら、1年4カ月も公表していなかった。経団連の榊原定征会長は東レ前社長(現相談役)で、不正行為は社長在任中に始まった。データの改ざんが経団連会長の会社でも発覚したことで、日本企業の品質管理への信頼低下につながる恐れがありそうだ。 子会社で改ざん…
more

[ニュース]三菱マテリアル、子会社2社で品質データ改ざん=不正品、自衛隊機にも

非鉄大手の三菱マテリアルは23日、連結子会社である三菱電線工業(東京)と三菱伸銅(同)の2社が、検査記録データの改ざんなど不適切な行為により、顧客が求める品質や社内基準を満たさない「不適合品」を出荷していたことが判明したと発表した。不適合品を納入した可能性がある顧客数は三菱電線が229社、三菱伸銅が29社。三菱電線の納入先には防衛省も含まれ、自衛隊の航空機や艦艇に不適合品が使用されていた。 …
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告