ホーム > 人気のキーワード
学校
[ニュース]地中ごみ、過大に推計も=実際は3〜7割の可能性−森友への国有地売却で・検査院

学校法人「森友学園」(大阪市)に大阪府豊中市の国有地が約8億円値引きされて売却された問題で、会計検査院は22日、検査結果を参院に報告し、公表した。値引き額算定の基となった地中のごみの推計量について「十分な根拠が確認できない」と指摘。検査院の試算で、実際は推計量の3〜7割だった可能性を示し、「算定の際、国側が慎重な調査検討を欠いていた」と結論付けた。 検査院は、国土交通省が撤去費用の積算に使っ…
more

[ニュース]共同での問題解決力、日本2位=OECDではトップ−15年の国際学力調査

経済協力開発機構(OECD)は21日、世界の15歳(日本は高校1年)を対象に2015年に実施した国際学習到達度調査(PISA)のうち、他者と共同で課題を解決する力を測る「協同問題解決能力調査」の結果を公表した。日本の平均得点は、参加した52カ国・地域のうち2位。OECD加盟32カ国の中ではトップだった。 文部科学省は「これまでの学習指導要領を踏まえた問題解決的な学習や、協力的な活動を重視して…
more

リフレッシュ・ゲートボール! 今、高校生が熱い!!

ゲートボールといえば高齢者のスポーツというイメージが強いが、最近は高校生を中心に若者人気がじわじわと高まっている。スポーツ名門校の青森山田高校のゲートボール部の活動を紹介する。
more

[ニュース]中学教諭6割が過労死ライン=月80時間超相当の残業-授業、部活増加・文科省調査

文部科学省は28日、2016年度の公立小中学校教員の勤務実態調査の速報値を公表した。中学教諭の約6割が週60時間以上勤務しており、過労死の目安とされる水準を超過。前回06年度の調査に比べ、教諭や校長ら全職種で勤務時間が増えた。授業時間が増加したほか、中学では土日の部活動の時間が倍増。同省は「学校が教員の長時間勤務に支えられている状況には限界がある」として、中央教育審議会に改善策の検討を諮問する。 …
more

学校におけるいじめ対策の課題:情報共有と組織的対応がカギ新井 肇

LINEやツイッターといったインターネット上の悪口など、最近のいじめは表に出にくく、陰湿化、深刻化している。子どもたちをいじめから守るためには何が重要で、どのような仕組みが求められるのか。
more

日本の教員はなぜ世界一多忙なのか?—強制される「自主的な活動」内田 良

日本の教員の勤務時間は世界一長い。部活動など課外活動に費やす時間が長いためだ。日本の教員はなぜ世界で一番忙しくなってしまったのか。そのリアルな現実を浮き彫りにする。
more

“平等神話” の重いツケ—始まったばかりの子どもの貧困対策阿部 彩

日本を訪れる多くの外国人観光客は、日本のことを「“貧困” が多い国」とは思わないであろう。日本の都市において、先進諸国の「インナーシティ」(中心市街地)の多くに見られるような落書きもお金を乞うホームレスも見当たらない。道行く人々は、こぎれいな格好をし、コンビニやファストフードの店員も丁寧で礼儀正しい。夜一人で歩くのが心配となるような「治安の悪い地域」は存在せず、スリなどの犯罪も少ない。そう、日…
more

「日本型」いじめの構造を考える杉森 伸吉

大津市の中学2年男子生徒の自殺問題を受けた文部科学省のいじめ緊急調査で、ことし4月から9月までに全国の小中高校などが把握したいじめの件数が約7万5千件、昨年度1年間(7万231件)を半年で上回った。日本のいじめの特徴を考察しながら、深刻化するいじめ問題への取り組みを探る。
more

少子化で変わる日本の学校早川 信夫

日本の学校は、小学校から高校まで合わせて毎年4~500校のペースで廃校になっている。その大きな要因になっているのが少子化だ。学校にこどもたちがあふれかえっていたのは、今は昔。空き教室ばかりが目立つ。人口減少が日本の学校の姿を変化させている。 公立小学校でみてみると、こどもの数は1958年の1340万人をピークに、去年(2011年)は677万人とほぼ半減している。学校数は2万6千校あまりから2…
more

「学力低下」論争と「ゆとり」教育を検証する中井 浩一

1990年代末、日本の子どもたちの「学力低下」が問題視され、大きな論争が起こった。論争の結果、文部科学省は「学力低下」の原因とされた「ゆとり」教育からの政策転換を余儀なくされた。脱「ゆとり」の新学習指導要領が実施され始めた今、「学力低下」論争と「ゆとり」教育を振り返る。
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告