ホーム > 人気のキーワード
安倍晋三
[ニュース]衆院選「10月22日」臆測=野党再編に先手の見方

小池百合子東京都知事に近い若狭勝衆院議員が年内の新党結成に動きだしたことを受け、次期衆院選について「10月22日投開票」との臆測が広がっている。安倍晋三首相が新党をめぐる野党再編などに先手を打ち、勝負を仕掛けてくるとの見立てだ。今のところ、観測の域を出ないが、今後、与野党の選挙準備が加速する可能性もある。 若狭氏は、小池氏と連携する政治団体「日本ファーストの会」設立を発表した7日の記者会見で…
more

[ニュース]内閣支持6ポイント上昇、36%=不支持は44%-時事世論調査

時事通信が3~6日に実施した8月の世論調査で、安倍内閣の支持率は前月比6.7ポイント増の36.6%となり、3割に回復した。第2次安倍政権発足以降、最低だった7月調査から持ち直した形。安倍晋三首相が3日に行った内閣改造・自民党役員人事が一定程度影響したとみられる。ただ、不支持率は同4.5ポイント減の44.1%で、2カ月連続で不支持が支持を上回った。 内閣を支持する理由(複数回答)は、「他に適当…
more

[ニュース]安倍首相、改憲日程こだわらず=解散、年内含め模索か

安倍晋三首相は3日の記者会見で、秋の臨時国会に自民党の憲法改正案を提出し、2020年に新憲法を施行するとの目標について、「一石を投じたが、スケジュールありきではない」と述べ、必ずしもこだわらない考えを示した。首相は「しっかり国会で議論し、党主導で進めてほしい」とも述べ、党内の論議を見守る姿勢を示した。年内の衆院解散・総選挙については「白紙だ」と述べ、可能性を排除しなかった。 解散時期をめぐり…
more

第3次安倍・第3次改造内閣の顔ぶれ(2017年8月)

安倍晋三首相は8月3日、内閣改造を行った。第3次安倍内閣としては3度目の改造で、全閣僚19人のうち13人が交代。外相には河野太郎・前国家公安委員長、防衛相には小野寺五典・元防衛相を充てた。また、首相と距離を置く野田聖子・元郵政相を総務相に起用した。
more

[ニュース]稲田防衛相、日報で引責辞任=首相「国民におわび」−改造まで外相が兼務

稲田朋美防衛相は28日午前、南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報をめぐる問題の責任を取り、安倍晋三首相に辞表を提出し、受理された。稲田氏は記者会見で日報問題に関する特別防衛監察結果を発表。同時に「国民の信頼を損ね、自衛隊の士気を低下させかねない重大、深刻な問題だ。責任を痛感している」として辞任を正式表明した。稲田氏を抜てきした安倍晋三首相の任命責任が問われるのは必至で、先の東京都議選惨敗に続…
more

[ニュース]安倍内閣支持29.9%に急落=2次以降最低、不支持48.6%-時事世論調査

時事通信が7~10日に実施した7月の世論調査で、安倍内閣の支持率は前月比15.2ポイント減の29.9%となった。2012年12月の第2次安倍政権発足以降、最大の下げ幅で、初めて3割を切った。不支持率も同14.7ポイント増の48.6%で最高となった。学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐる問題が響いた。東京都議選で稲田朋美防衛相が、自衛隊を政治利用したと受け取られかねない失言をしたことなども影響し…
more

[ニュース]安倍首相、局面転換探る=支持率急落に危機感

欧州訪問の日程を1日早めて帰国した安倍晋三首相は12日、九州北部豪雨の被災地を訪れる。内閣支持率の急落に危機感を強める首相は、政策課題や災害対応に全力で当たる姿勢をアピール。8月3日を軸に検討している内閣改造・自民党役員人事に向け、局面転換の下地を整えたい考えだ。しかし、政権を揺るがす学校法人「加計学園」の獣医学部新設問題の幕引きは遠く、失地回復の道筋は見えない。 欧州から11日に帰国した首…
more

「憲法改正」とどのように向き合うか井上 武史

「憲法改正は是か非か」——。改憲論議はこれまで、対立する枠組みを中心に語られてきた。だが、憲法改正への向き合い方は、それだけとは限らない。筆者は、日本国憲法の特徴や現在の問題状況を踏まえた上で、冷静で客観的な議論が必要だと指摘する。
more

[ニュース]「面従腹背」に官邸疑心=加計問題、霞が関の不満影響か

学校法人「加計学園」をめぐる文部科学省の内部文書が次々に明らかになった背景には、人事権を握り、締め付けを強めてきた首相官邸に対する中央官庁の不満もあるようだ。「面従腹背」に見える霞が関の動きに疑心を募らせる官邸は、政府の内部文書管理の在り方を見直す方針を打ち出したが、効果は見えない。 2014年の国家公務員制度改革関連法成立を受け、安倍政権は官邸が中央省庁の幹部人事を一元管理する内閣人事局を…
more

[ニュース]安倍首相、年内に自民改憲案提出=「歴史的一歩」に決意

安倍晋三首相(自民党総裁)は24日、神戸市内で講演し、憲法改正について「来るべき臨時国会が終わる前に、衆参の憲法審査会に自民党案を提出したい」と述べ、年内提出を目指す方針を明らかにした。首相は9条を改正して2020年の施行を目指す意向を示しているが、今秋に想定する臨時国会への提出に言及したのは初めて。 自民党の憲法改正推進本部は首相の指示を受け、年内をめどに改憲原案を取りまとめる方針だが、衆…
more

page top

1 2 3 4 5 6 7 17

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告