ホーム > 人気のキーワード
旅館
[ニュース]宿泊税条例が成立=200~1000円徴収へ-京都市

京都市内の宿泊客に課税する宿泊税条例が2日、市議会本会議で賛成多数で可決、成立した。総務省の同意を得て、2018年10月からの課税を目指す。税収は年間約46億円の見込みで、観光客の増加に伴う渋滞対策や景観政策などに充てる。宿泊税導入は東京都と大阪府に次いで3番目。 税額は、1人1泊の宿泊料金が2万円未満の場合は200円、2万円以上5万円未満は500円、5万円以上は1000円の3段階。修学旅行…
more

東京で和室に泊まろう!—情緒あふれる畳部屋旅館5選

街の歴史を色濃く映す、味わいのある和風の旅館が東京にも残っている。畳の客室がある宿に精通する写真家が、旅情をそそる東京旅館を厳選紹介。
more

行ってみたい12の温泉松田 忠徳

日本には3000以上の温泉地があるが、ここにリストアップしたのは湯の質量ともにトップクラスの温泉ばかり。“温泉教授”松田忠徳氏が薦める12の名湯を紹介しよう。
more

温泉は日本の文化である松田 忠徳

日本人は古来より温泉を愛してきた。それは温泉が心身を癒してくれるからだ。日本人と温泉の関わりをひもときながら、温泉がもたらす美容やアンチエイジングの効用について紹介する。
more

日本にはなぜラブホテルがあるの?

ラブホテルは日本が生んだ文化——。そう語るのは、大学時代からラブホテルをテーマに選び社会学的なアプローチで研究してきた金益見さん。この特異な性愛空間の変遷について話してもらった。
more

会津の「変わらない」魅力—東山温泉「向瀧」

福島県内有数の観光地、会津若松市。震災後に訪れる人が激減する中、風評被害をはねのけ、業績アップしている老舗旅館がある。「変わらない」ことを武器に、多くの人を引き付ける魅力を紹介する。
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告