ホーム > 人気のキーワード
日本銀行
日本銀行で見るお金の歴史:貨幣博物館ジュリアン・ライオール

「お金」は、永遠のテーマの1つだ。東京・日本橋本石町にある日本銀行の貨幣博物館には、日本や東アジアで使われていた歴史的に重要な貨幣、日銀がこれまで発行した紙幣が展示されている。静かで広い館内には、大人や子供向けの体験コーナーもあり、お金の歴史を見て、触れて、楽しく学ぶことができる。
more

[ニュース]浜田内閣参与、黒田氏続投を支持=日銀総裁人事

浜田宏一内閣官房参与(米エール大学名誉教授)はインタビューに応じ、来年4月に任期満了を迎える日銀の黒田東彦総裁の続投を支持した。 -次期日銀総裁にふさわしい人物は。 スポーツでも何でも勝っている時に作戦を変えてはいけない。黒田総裁は(大規模金融緩和で)雇用を改善させるなど非常に功績がある。黒田総裁の続投か現在の緩和政策を継承する人が良い。 -日銀は掲げる2%の物価上昇目標を達成で…
more

金融危機から20年:その教訓は何か軽部 謙介

デフレと低成長。日本経済はいまだにこれらの呪縛から抜け出せないでいるが、その源流をたどると1997年に行き着く。この年、日本は金融危機に襲われて一気に経済が収縮した。それからちょうど20年たった今、97年11月にいったい何が起こったのか振り返ってみたい。
more

[ニュース]金融緩和反対の2委員退任=副作用軽視の恐れも−日銀

日銀の木内登英、佐藤健裕両審議委員は23日、5年の任期を終え退任した。両氏はともに、黒田東彦総裁の下での金融緩和拡大は副作用が大きいとして、反対の立場を貫いてきた。2人の退任により全9人で構成する政策委員会での討議に異論が出なくなれば、黒田総裁をはじめ日銀執行部の影響力が強まり、緩和の副作用をより軽視する雰囲気が広がる恐れもある。 木内、佐藤両氏は金融政策決定会合で、量的・質的金融緩和の拡大…
more

[ニュース]物価2%、19年度に先送り=黒田総裁下で達成断念−延期6度目、大規模緩和は維持

日銀は20日まで2日間開いた金融政策決定会合で、最新の経済予測である経済・物価情勢の展望(展望リポート)をまとめた。最近の物価の弱さを踏まえ、2%の物価上昇目標の達成時期を従来の「2018年度ごろ」から「19年度ごろ」に先送りした。達成時期の延期は6度目で昨年11月以来となる。18年4月までの黒田東彦総裁の現任期中の目標達成を断念した。金融政策は長短金利の操作を柱とする現在の大規模緩和を維持した。…
more

超金融緩和の「出口」はどこに:求められる日銀の説明責任桑原 稔

日銀が量的質的金融緩和政策からどう抜け出すのか、その「出口」が注目されている。金融政策を長年にわたり取材してきた筆者は、その手順を予想すると同時に、①金融政策が財政政策に振り回される危険、②日銀の説明責任、③円安リスク―を指摘する。
more

[ニュース]総資産、初の500兆円=国債の大量購入で−日銀

日銀が保有する国債をはじめとした有価証券などの総資産が、初めて500兆円を突破した。異次元緩和の一環で国債を大量に購入したためで、国内総生産(GDP)に迫る規模に拡大した。日銀は2%の物価上昇目標実現へ国債購入を続ける方針で、今後、GDPを上回るのは確実な情勢だ。 日銀が2日発表した営業報告によると、5月末時点の総資産は500兆8008億円で、異次元緩和前の2012年度末(164兆8127億…
more

[ニュース]景気、9年ぶり「拡大」=17年度物価1.4%へ下げ−金融政策は現状維持・日銀

日銀は27日の金融政策決定会合で、最新の経済予測である経済・物価情勢の展望(展望リポート)をまとめ、景気判断を上方修正した。好調な生産や輸出を踏まえ、従来の「景気は緩やかな回復基調を続けている」を「景気は緩やかな拡大に転じつつある」に引き上げた。「拡大」の表現は2008年3月以来9年ぶり。 17年度の消費者物価(生鮮食品を除く)上昇率の見通しは、1.4%(従来予想1.5%)に下方修正した。1…
more

[ニュース]黒田総裁、任期残り1年=再任含め人事観測浮上-日銀

日銀の黒田東彦総裁は、8日で任期が残り1年となる。日銀が当初掲げた2年で2%の物価上昇を実現するとした目標は既に「2018年度ごろ」に先送りされており、任期中の実現は極めて難しい。後任総裁は物価目標を達成した上で、異例の金融緩和から抜け出す「出口戦略」への取り組みが求められる。市場では黒田総裁の再任を含め、次期総裁をめぐる人事観測が浮上し始めている。 「黒田総裁の金融政策に全幅の信頼を置いて…
more

[ニュース]景気「緩やかな回復」=1年7カ月ぶり上方修正−金融政策は現状維持・日銀

日銀は20日の金融政策決定会合で景気判断を上方修正した。新興国を中心とする海外経済の改善を踏まえ、声明文で「輸出・生産面に鈍さ」との表現を削除したほか、個人消費が底堅く推移しているとして、「景気は緩やかな回復基調を続けている」との認識を示した。景気の上方修正は昨年5月以来1年7カ月ぶり。短期金利をマイナス0.1%、長期金利(10年国債利回り)を0%程度に誘導する現在の金融政策は賛成多数で維持した。…
more

ピックアップ動画

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告