SNS

最新記事

ニュース

More

ホーム > 人気のキーワード
映画
《我不是薬神》(ニセ薬じゃない!)=中国の社会派コメディ映画から日本の未来を考える

10月26日に閉幕した東京・中国映画週間で審査員特別賞を受賞した社会派コメディ映画。中国の高額医療と貧困にスポットを当てた作品だが、日本でもジェネリック薬の取り扱いや超高額新薬を巡る議論があり、日本の未来をも考えさせられる。
more

映画『銃』:原作者・中村文則がフランス語翻訳者ミリアン・ダルトア=赤穂と語る

日本の現代文学で多くの作品が映画化され、外国語に翻訳されている作家の一人、中村文則。16年前のデビュー作『銃』が映画化されたのを機に、原作のフランス語版翻訳者であるミリアン・ダルトア=赤穂と語り合ってもらった。
more

映画『鈴木家の嘘』で鮮烈デビュー、野尻克己監督にインタビュー

長く引きこもっていた長男の突然の死。残された家族はどうなるか。そんな重いテーマをユーモアたっぷりに描いた『鈴木家の嘘』。日本映画界に旋風を巻き起こしそうな予感を抱かせる野尻克己監督に話を聞いた。
more

台湾で根を下ろした日本人シリーズ:異文化の間に立つ——映像プロデューサー・西本有里馬場 克樹

大学を卒業後、念願かなって映画制作配給会社の東宝に就職した西本の最初の配属先は関西支社で、梅田駅そばの映画館での勤務だった。熱狂的な映画ファンが集まる映画館だったこともあり、学生時代から熱烈な香港映画ファンだった西本は新人の頃からロードショーの間隙(かんげき)を縫って香港映画のレイトショー上映会を自ら企画した。神戸の南京町にも通い、ツイ・ハーク監督の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ…
more

100以上の国・地域から応募、「アジア最大級」に成長-東京国際映画祭

1985年、日本初の大規模な映画の祭典として始まった東京国際映画祭。2014年以降、アジア各地の国際映画祭と協力提携し、第31回のコンペティション部門への応募が109カ国・地域に上るなど、「アジア最大級の国際映画祭」へと成長した。
more

ニッポンドットコムおすすめ映画:僕の帰る場所 (2018年10月)

日本とミャンマーの合作で、昨年の東京国際映画祭「アジアの未来」部門で作品賞と監督賞の二冠に輝いた限りなくドキュメンタリーに近い劇映画。外国人が増え続ける日本のこれからを考える上で示唆に富む。
more

ニッポンドットコムおすすめ映画:ナミヤ雑貨店の奇蹟-再生- (2018年10月)

昨年の邦画版に続く東野圭吾原作「ナミヤ雑貨店の奇跡」の中華版。ジャッキー・チェンのほか中国No.1の美女、アイドルなど中華圏の豪華スターが勢ぞろい。邦画版とのテイストの違いを見るのも楽しみの一つだ。10月13日(土)より全国公開。PG12。
more

『カメラを止めるな!』の“感染力”から考える日本のゾンビ人気岡本 健

上田慎一郎監督の『カメラを止めるな!』の勢いが止まらない。この6月に2館で公開が始まったインディーズ映画だが、いまウェブサイトの上映館リストでは300超の映画館が名を連ねている。ミニシアターとシネコンが混在している様子から、作品そのものの面白さによって上映館が増えていったことがよく分かる。 『カメラを止めるな!』ポスター ©ENBUゼミナール 『カメラを止めるな!』は山奥の廃虚で…
more

井浦新:若松孝二を演じる苦悩と歓喜

日本映画の異才、若松孝二の死から間もなく6年。白石和彌監督の『止められるか、俺たちを』で若松プロダクションが再始動した。強烈なカリスマ性を持つ若松監督役を熱演した井浦新に話を聞いた。
more

寝ても覚めても (2018年9月)

『万引き家族』がパルムドールを受賞した今年のカンヌ映画祭で、コンペティション部門に出品されたもう1つの日本映画が『寝ても覚めても』。気鋭の若手、濱口竜介監督が手掛けた初の商業映画がついに日本で公開される。
more

page top

1 2 3 4 5 6 9

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • ニッポンドットコム・メディア塾 —ジャーナリストを志す皆さんに
  • シンポジウム報告