ホーム > 人気のキーワード
暴力団
暴力団を離脱する人たちとその理由廣末 登

暴力団の構成員数が減少する一方、離脱者の社会復帰は困難な状態が続いている。筆者は「追い詰められた離脱者は犯罪に走り、その度合いをエスカレートさせる」と指摘。社会的な「受け皿」の充実が必要だと訴える。
more

「半グレ」と呼ばれる新たな暴力集団

取り締まり強化や法整備によって暴力団の組織力が低下するなか、街のアウトローの世界で新たな勢力として台頭したのが「半グレ」と呼ばれる集団だ。2000年前後のITバブルの波に乗って資金力を得た彼らは、既存の暴力団組織のルールにとらわれず、新たな暴力装置として街に進出していった。ヤクザの隙間を埋めるようにして力をつけていった彼らは、いったい何者なのか。
more

アウトローの魅力:エンターテインメントの中のヤクザ

ヤクザは昔から映画や漫画などエンターテインメント作品の題材になってきた。それらはどのようにつくられ、どうヤクザを表現してきたのか。大ヒットしたヤクザ映画から意外なジャンルの漫画まで、人気作を通してその魅力を探っていく。
more

マル暴捜査最前線: 徹底した情報収集、24時間の監視活動

警視庁組織犯罪対策部、通称「組対(そたい)」。全国の暴力団捜査の先頭に立つこの組織は、薬物・銃器対策、マネーロンダリング対策、国際犯罪対策なども含めた、犯罪組織と闘うためのプロ集団だ。最大勢力・山口組の分裂によって混沌とする情勢に、いかに切り込んでいくのか。
more

「食えない職業」になったヤクザ

日本最大の指定暴力団「山口組」の分裂は、いまヤクザが置かれている経済状況をよく表している。戦後高度成長期の日本経済に根を張った“恐怖”による集金システムは、捜査当局の取り締まり強化と法整備によって、かつての機能を失いつつある。
more

山口組が3分裂:激変するヤクザの世界

日本最大の指定暴力団「山口組」が3つに分裂した状態になって、4カ月が過ぎた。かつてだったら報復が報復を呼び、あっという間に血で血を洗う一大抗争になっていてもおかしくない状況だが、取り締まりの強化や法律の整備もあって、表面上はお互いがうかつに手を出せない膠着状態が続く。それでも水面下では、静かに地殻変動が進んでいるのは間違いない。分裂によって日本の暴力団はどう変わったのか。
more

[ニュース]暴力団員、初の2万人割れ=排除対策効果、覚せい剤回帰も−警察庁

全国の暴力団構成員数が2016年末時点で約1万8100人となり、前年末から1割減ったことが16日、警察庁のまとめで分かった。2万人を割ったのは、統計の残る1958年以降で初めて。準構成員を含む全体の勢力も17%減の計約3万9100人で、初めて4万人を下回った。 勢力はピークだった63年の18万人余りから徐々に減少。暴力団排除の機運も高まり、政府は07年に反社会的勢力との関係遮断をうたう企業指…
more

山口組分裂の衝撃とヤクザ社会の変貌猪野 健治

山口組の分裂が大きな注目を集めているが、かつてのような血で血を洗う抗争が起こる可能性は少ない。長年山口組を取材してきたジャーナリストがヤクザ社会の変貌を検証し、新たな“ワル”台頭に警鐘を鳴らす。
more

ピックアップ動画

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告