ホーム > 人気のキーワード
沖縄
沖縄ラーメンが台湾進出、好調な台湾人の沖縄観光が追い風に松田 良孝

とんこつスープの「おとこ味」、塩味の「おんな味」というちょっと変わったメニューを出す沖縄のラーメン店「琉球新麺 通堂(とんどう)」が9月10日、台北市信義区のデパート「統一時代百貨」地下2階のフードコートに出店した。 翌10月には台北駅北側の地下にあるQスクエア(京站)で2号店がオープンし、行列ができるなど評判は上々だ。「通堂」は2002年8月から沖縄県内でラーメン店を展開し、台湾や香港…
more

[ニュース]沖縄で米軍大型ヘリ炎上=北部訓練場施設外、集落近く−住民、乗員負傷者なし

11日午後5時15分ごろ、沖縄県東村高江の米軍北部訓練場近くで、米軍普天間飛行場(宜野湾市)所属のCH53E大型輸送ヘリコプターが緊急着陸し炎上、大破した。防衛省などによると、現場は北部訓練場の施設区域外の牧草地。消防などによると、住民やヘリの乗員7人にけが人はいない。近くに集落があり、周辺には小学校もある。 在沖縄海兵隊は「事故機はCH53E型機で飛行中に出火し、北部訓練場外の場所に緊急着…
more

外国人運転のレンタカー増加:政府が事故防止対策に着手

訪日外国人客によるレンタカーの利用がここ数年で急増。沖縄などの観光地では外国人ドライバーによる事故件数が増えており、国土交通省が事故防止に向けた対策実施に乗り出した。
more

[ニュース]電動スクーターのシェア実験=石垣島で、CO2削減狙う-住友商事

住友商事は28日、沖縄県石垣市と共同で、走行時に二酸化炭素(CO2)を排出しない電動スクーターのシェアサービスの実証実験を今年度中に石垣島で始めると発表した。観光客急増に伴って増えているレンタカーによるCO2排出を、スクーターの利用で削減し、観光振興と自然環境の保全を両立させるのが狙い。 台湾のゴゴロ社が開発したバッテリー交換式の電動スクーターと充電ステーションを利用する。導入するスクーター…
more

「豊年祭」が結ぶ台湾と沖縄・八重山の絆松田 良孝

「豊年祭」(収穫祭)という祭りが沖縄県八重山地方と台湾にある。どちらも7~8月に行われる夏の風物詩で、豊かな実りを感謝・祈願する伝統的な祭祀(さいし)だ。呼び名もそっくりで、奉納する収穫物にも共通項があるが、その関係性については解明されていない。黒潮を挟んで向かい合う二つのエリアに足を運び、祭りを見ながらつながりの痕跡を探してみた。キーワードは「穀物」である。 ざるにアワ束を入れ、頭に載せ…
more

沖縄慰霊の日、「平和の礎」を拭く遺族(Japan in Photos)

沖縄は23日、太平洋戦争末期の地上戦で犠牲になった24万人以上の住民らをしのぶ「慰霊の日」を迎えた。旧日本軍の組織的戦闘は72年前のこの日に終結したとされる。最後の激戦地となった糸満市摩文仁(まぶに)の平和祈念公園で、県などが主催する沖縄全戦没者追悼式が開かれた。 写真=沖縄戦で亡くなった親戚の名が刻まれた「平和の礎(いしじ)」を拭く遺族=沖縄県糸満市の平和祈念公園(時事)
more

[ニュース]元沖縄知事の大田昌秀氏死去=基地問題に取り組む−92歳

沖縄県知事や参院議員として、沖縄の米軍基地問題に取り組んだ大田昌秀(おおた・まさひで)氏が12日午前11時50分、肺炎のため那覇市の病院で死去した。92歳だった。同県久米島町出身。告別式は15日午後2時から、同県浦添市伊奈武瀬1の7の1の「いなんせ会館」で。喪主は妻啓子(けいこ)さん。 沖縄師範学校在学中に鉄血勤皇隊に動員され、太平洋戦争末期に激しい地上戦となった沖縄戦を経験した。早稲田大を…
more

[ニュース]ハワイで沖縄戦捕虜慰霊祭=4日初開催、「遺骨探したい」

1945年の沖縄戦の捕虜として米国のハワイに一時移送された男性らが1日、沖縄県庁で記者会見し、4日(現地時間)に戦没者の慰霊祭をホノルルで初めて開催すると発表した。当時、沖縄から約3000人の捕虜が移送され、12人が亡くなったという。 慰霊祭には関係者約200人が参加予定。実行委員会共同代表の高山朝光さん(82)は「墓のある場所を調べ、遺骨を探して沖縄に帰したい」と述べた。元捕虜の渡口彦信さ…
more

[ニュース]尖閣へ最古の上陸記録=中国主張の反証に-政府

政府は12日、沖縄県・尖閣諸島に19世紀初めの1819年に当時の琉球王族が上陸していたことを示す資料が見つかったと発表した。これまで確認された最も古い1845年の英国人上陸記録を26年さかのぼる。内閣官房領土・主権対策企画調整室は「日本と尖閣が無関係だったとの中国の主張への反証となる」としている。 政府が昨年度行った尖閣に関する資料調査委託事業で、沖縄県立図書館が保管していた琉球王国の文書の…
more

[ニュース]沖縄に空手会館完成=発祥の地、世界に魅力発信−五輪合宿場期待も

「空手発祥の地」とされる沖縄県で4日、空手を伝統文化として継承し、国内外にその魅力を発信する「沖縄空手会館」(豊見城市)が完成し、落成式が行われた。翁長雄志知事は「空手を保存、継承、発展するための拠点施設だ。世界の空手家が沖縄の地に集結し、交流を深める」とあいさつした。 県が復帰40周年記念事業の一環として建設。空手愛好家は世界に1億人以上いるとされ、観光振興にも活用する。 同会館には…
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告