SNS

最新記事

ニュース

More

ホーム > 人気のキーワード
なぜ日本の消費税率はOECD平均を下回っているのか?木寺 元

現在の日本の消費税率(8%)は、他の先進諸国と比べてもかなり低い。その理由は、戦後長く続いた大蔵省(現・財務省)の「所得税中心主義」、そして一般消費税導入・税率引き上げを目指した歴代政権が選挙に負け続けたことが挙げられる。
more

歴史的に特異な状況にある日本財政:中長期の社会保障の姿を示せ小黒 一正

巨額の財政赤字を抱える日本。その構造的な問題と、中長期的なリスクを解説する。
more

[ニュース]ふるさと納税、返礼は地場産品で=自治体に通知-総務省

総務省は30日、ふるさと納税の返礼品を地場産品とするよう地方自治体に求めることを決めた。一部自治体で他地域の特産品や輸入品を贈っているケースが見られるため、寄付を通じた生まれ故郷や応援する自治体への貢献といったふるさと納税本来の趣旨を改めて徹底する。4月1日付で全国の自治体に通知する。 ふるさと納税をめぐっては、魅力的な返礼品を用意することで多くの寄付を集めようと、自治体間で激しい競争が繰り…
more

[ニュース]喫煙可、客席100平米以下に=自民了承、今国会提出へ−健康増進法改正案

たばこの受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案をめぐり、厚生労働省は22日の自民党厚労部会に、喫煙を例外的に認める既存飲食店の基準を「客席100平方メートル以下」とする修正案を示し、実質了承された。運営会社は「資本金5000万円以下」を要件とした。 外食業界やたばこ産業の意向を受けた自民党分煙派に譲歩した形。公明党も了承する見通しで、政府は3月上旬に閣議決定し、改正法案を今国会に提出する。た…
more

日本の禁煙運動はオリンピックという好機を生かせるかジョアンナ・ピットマン

日本の禁煙政策は強力なたばこ族議員がいることで、国際水準から大きく後れを取っている。だが、2020年東京五輪・パラリンピック大会への準備期間は禁煙運動推進派にとって、非喫煙者を受動喫煙の危険から守る効果的な法律導入へのまたとない好機となろう。
more

2018年度税制改正:デフレ経済脱却への後押し狙う森信 茂樹

自民党、公明両党が決めた2018年度税制改正の方針について、主要なポイントを解説する。
more

[ニュース]たばこ税、1本3円増税へ=来年度から段階的に−政府・与党

政府・与党は4日、たばこ税を1本当たり3円増税する方針を固めた。消費減少による税収の急激な落ち込みを避けるため、2018年度から21年度まで3回に分けて1円ずつ段階的に引き上げる。通常の紙巻きたばこより税率が低く、近年急速に普及が進む「加熱式たばこ」も増税する方針で、14日にまとめる18年度与党税制改正大綱に盛り込む。 紙巻きたばこにかかる税金は現在1本当たり約12.2円。10年10月に1本…
more

[ニュース]観光促進税19年4月から=日本人も1人1000円−政府・与党

政府・与党は1日、観光財源を確保するため、日本を出国する際に1人当たり1000円を徴収する「観光促進税」(出国税)を創設し、2019年4月から実施する方針を固めた。航空機や船舶を利用した日本人、外国人が対象で、14日にまとめる与党税制改正大綱に盛り込む。新税は、森林整備の財源に充てるため今改正で創設が決まった「森林環境税」とともに、1992年の「地価税」以来となる。
more

[ニュース]たばこ増税、1本3円案浮上=自民党内で強い反対論

政府・与党内で、2018年度税制改正で検討している紙巻きたばこの増税について、18年10月から数年かけて1本当たり3円引き上げる案が浮上していることが8日、分かった。19年10月の消費税率引き上げ時に実施する軽減税率導入で不足する税収の穴埋めに活用する狙いだが、自民党内では反対論が根強く、調整は難航が予想される。 紙巻きたばこにかかる税金は現在1本当たり約12.2円。10年10月に1本3.5…
more

[ニュース]宿泊税条例が成立=200~1000円徴収へ-京都市

京都市内の宿泊客に課税する宿泊税条例が2日、市議会本会議で賛成多数で可決、成立した。総務省の同意を得て、2018年10月からの課税を目指す。税収は年間約46億円の見込みで、観光客の増加に伴う渋滞対策や景観政策などに充てる。宿泊税導入は東京都と大阪府に次いで3番目。 税額は、1人1泊の宿泊料金が2万円未満の場合は200円、2万円以上5万円未満は500円、5万円以上は1000円の3段階。修学旅行…
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告