ホーム > 人気のキーワード
美術館・博物館
自然の恵みと人間の英知が生み出す伊勢志摩の真珠養殖ジュリアン・ライオール

いにしえから女性を魅了してきた真珠。御木本幸吉が120年前に世界で初めて真珠の養殖に成功し、技術が確立された現在でも、養殖には4年余りの歳月がかかる。日本の一大産地である三重県の英虞湾を訪ね、養殖に関わる人々の思いを聞いた。
more

[ニュース]国内初発見の恐竜化石=52年前に採集−未確認種の卵と判明−山口・下関

山口県下関市と福井県立恐竜博物館は5日、1965年に下関市で採集された岩石が、恐竜の卵の化石と判明したと発表した。恐竜の卵は福井、岐阜、兵庫の3県で計8種類の化石が発見されているが、今回のものは国内では未確認の種類で、二足歩行の肉食恐竜として一般に知られる「獣脚類」の卵の可能性が高いという。 日本で最初に見つかった恐竜化石は1978年に岩手県岩泉町で発見されたモシリュウの上腕骨とされていたが…
more

[ニュース]乗れるか、北斎ブームの波=大英博物館展示に賛否-観光客期待、費用負担も・長野

江戸時代後期の浮世絵師、葛飾北斎がブームだ。生涯の大半を過ごした東京都墨田区に先月、作品や資料約1800点を所蔵する「すみだ北斎美術館」がオープン、テレビでも特集が組まれている。そんな中、晩年に訪れた長野県小布施町にある美術館「北斎館」で、収蔵品を英国の大英博物館に展示しようとの構想が浮上。観光客増に町内の期待は高まるが、多額の費用が掛かるため賛否は割れている。 展示が検討されているのは、北…
more

東京下町の新名所「すみだ北斎美術館」がオープン小山 ブリジット

米ライフ誌の「この1000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人」に選ばれた唯一の日本人が浮世絵師・葛飾北斎。この稀代の天才絵師の世界が丸ごと詰まった美術館が、江戸の情緒を残す東京・両国にオープンした。
more

キトラ古墳壁画の保存と修復早川 典子

墓の主と共に眠りについた神々と星空が1300年の時を経て、現代によみがえった。奈良県明日香村にある国特別史跡キトラ古墳の石室から剥ぎ取った壁画「朱雀」「白虎」「天文図」の修理が完了し、2016年9月に「キトラ古墳壁画体験館 四神の館」で一般公開された。12年かけて行われた修復作業の全貌を伝える。
more

京都に新観光スポット:「漢字ミュージアム」オープン

日本で初めての「漢字ミュージアム」が2016年6月29日、京都市にオープンした。体験型の展示を前面に出し、漢字の歴史を楽しく学べる施設だ。
more

福島の博物館は原発事故をどう伝えるのかウィニフレッド・バード

福島第1原発事故は日本史の一部に刻まれる重大事故だ。史実としての事故の伝え方に関する行政と市民団体の見解は大きく異なる。博物館での展示企画をめぐる「静かな対立」をレポートする。
more

ふるさとの宝は失われていない—陸前高田市立博物館・文化財レスキューがつなぐ街の「心」熊谷 賢

4年前の東日本大震災・津波で、人口約2万3000人の10パーセント近くを失った岩手県陸前高田市。街の記憶・歴史をつなぐ文化財レスキューの取り組みとその意義を、市の学芸員唯一の生存者が語る。
more

京都の新名所、マンガミュージアム

現代日本文化の代表格であるマンガを専門とする総合ミュージアムが古都・京都にある。博物館と図書館の機能を併せ持つ一大スペースは、研究拠点でありながら娯楽施設としても魅力的。京都の新しい「顔」を探訪する。
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告